女性の大敵である日焼け、シミ

特に年齢を重ねてくると気になりますよね。

つい日焼けをしてしまい、腕や顔にシミができてしまった…。

そんな時に有効な対処法をご紹介します!

これからますます暑くなりなり肌の出た服でのお出かけの機会も増えますが、日焼けによるシミから腕や顔を守るためにも、しっかりと対処法を学んでおきましょう!

【スポンサードリンク】

日焼けによりシミができるわけ

日焼けによりできるシミの対処法を学ぶには、そのシミができる原因をまず知っておきましょう。

シミについて考えるには、「シミができる理由」と「シミが消えない理由」の2つが重要です。

「シミができる理由」は、紫外線や加齢が原因でメラノサイトというお肌の細胞が損傷し、メラニン色素が以上に生成されることが原因です。

「シミが消えない理由」は、日常のストレスや生活環境によりホルモンバランスが悪化し、お肌のターンオーバーつまり新陳代謝がくずれることが原因です。

したがって紫外線を浴びる量をなるべく少なくすることでシミはできにくくなりますし、お肌のターンオーバーが適正に働きやすい環境を作ることがシミを消すのに有効と言えるでしょう。

次から、腕や顔にできてしまったシミへの対処法についてまとめていきます。

【スポンサードリンク】

日焼けで腕や顔にできるシミを予防する

顔は一年中外に出ていますし、暑くなってくると腕も露出することが多いため、日焼けしやすい部位ですよね。

まずは日焼け止めなどを使用して紫外線から守ることが第一です。

室内にいるからといっても、窓から差し込む日光にも紫外線はもちろん含まれていますから、油断大敵です。

また、一回塗ってそのまま夜まで放置してしまうと日焼け止めの効果はどんどん薄れていってしまいますから、3時間おきくらいには塗り直した方が良いでしょう。

また、日頃から美白化粧品を使っておくこともシミ予防として有効です。

顔だけでなく、腕にも美白化粧品を使っておきましょう。

日焼けで腕や顔にできてしまったシミの対処法

どれだけがんばって日焼けを予防しても、やはり年齢を重ねてくるとどうしても顔や腕のシミはできやすくなってきてしまいます。

次は、そうしてできてしまったシミのへ対処法をご紹介します。

まずは先ほど書いたとおり、生活環境を整えたり、ストレスを発散して体全体の新陳代謝を整えてお肌のターンオーバーが起きやすくすることも重要です。

直接的な対処法としては、シミを薄くするスキンケアを使用するのも有効です。

成分として「トレチノイン」「ハイドロキノン」が含まれているものを使用するとシミに効果的です。

トレチノインにはメラニン色素をお肌から抜く働きがあるため、シミの部分に直接使用すると効果があります。

ハイドロキノンにはメラニン色素の働きを抑える働きがあるため、シミの部分の他、顔全体に塗っても予防的な意味でも効果的です。

ドラッグストアなどでこれらが含まれているスキンケアはどれか、聞いてみれば教えてくれるはずですよ!

最後に

日焼けによってできてしまう腕や顔のシミのメカニズム、予防法、またできてしまったときの対処法をご紹介してきました。

しっかりと実践すれば、綺麗な白い肌を長く保つことができますから、ぜひ日常から試していってくださいね!

積み重ねが大事ですよ。

【スポンサードリンク】