「人混みが苦手で、なるべくならお祭りとかイベントには行きたくない…」

「満員電車なんてもってのほか!」

そんなあなたの気持ち、わかります。

でも東京に住んでいると、嫌でも人混みの中にいることが多くなりますよね。

苦手だし、はっきり言って嫌だけど、事情があってそこから離れることができない。

「だから人混み苦手意識を、なんとか克服したい…」

そんな切実な悩みを解決する方法があります。

どんなことも、あなたが克服したいと思って行動すれば、克服できるのです。

それでは、今回は人混みが苦手な人がどうやったらその苦手意識を克服できるのか、その方法について見ていきましょう!

読んでいただけると幸いです。

【スポンサードリンク】

人混みがなぜ苦手なのか?

人混みが苦手な人の特徴として、「人混みの中にいると気持ちが悪くなる」というものがあります。

これは「人酔い」と呼ばれています。

人酔いが起こると、めまいがしたり吐き気がしたりします。

原因は主に、

・自分の持っている快適な人との距離が保てないときに、脳が無意識に反応して疲れてしまう。
・生まれつき5感が鋭い場合、周りの人が出す音や動きに過敏になりすぎて、疲れてしまう。

という2つが挙げられます。

人混みが苦手と感じる人は、知らないうちに人酔いを起こしている可能性があります。

人が苦手というよりかは、持っている感覚や脳の働きによるものなのです。

【スポンサードリンク】

人酔いを克服する方法は?

人酔いを克服する方法は3つあります。

それは、「深呼吸」「感覚の力を抑える」「人の顔を見ない」です。

1.深呼吸
「深呼吸」をするとリラックスしますよね。

人酔いの原因はストレスです。

何か不安だったり、緊張していると、余計に人酔いが回ります。

「何かやばいな…」と思ったら、まずは立ち止まって深呼吸をしましょう。

胸に手を当てながら、心臓が呼吸しているかのようなイメージで深呼吸をするとなお良いですよ。

2.感覚の力を抑える
また、「感覚の力を抑える」というのも、人酔いを克服するのに有効です。

感覚の鋭い人が人酔いになりやすいです。

なので、サングラスをしたり、耳栓をしたり、ゆったりとした服を着たりと色々試してみてください。

自分にとって快適な状態を見つけて、人酔いを克服しましょう。

3.人の顔を見ない
最大の原因は、やはり「人」でしょう。

人に対して抱いているイメージが、不安を呼び、人酔いを引き起こしている可能性が高いです。

根本的な解決にはなりませんが、人混みの中でどうしても酔ってしまうのならば、「人の顔を見ない」ようにしてみてください。

それによって一時的に克服できるようであれば、人酔いをする本当の原因は何なのか?もう少し深い部分を探ることができるようになります。

まずは自分をコントロールする、心を落ち着かせることから始めてみましょう。

まとめ

いかがでしたか?

人混みが苦手なあなたは、人混みの中で人酔いを起こしている可能性があります。

人酔いを克服することが人混みへの苦手意識を克服することにつながるでしょう。

まずはリラックスすることです。

深呼吸をしたり、感覚の力を抑えてみましょう。

人の顔を意識的に見ないようにするのもおすすめです。

そして、自分にとってどんな状態が快適なのか?人混みが苦手と思うのはなぜなのか?を探って見つけてみましょう。

あなたが、本当の意味で、人混みが苦手な自分を克服できることを心から祈っています。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

【スポンサードリンク】