日差し強い日に日傘は欠かせないアイテムの一つですよね。

でも町を歩いている人やお店で並んでいる日傘を見ると、色々な色があるのに気づきますよね。

日傘って色によって何か効果が違うのか?とっても気になるところです。

そこで今回は、日傘の色による効果の違いや日傘の選び方のコツを紹介しますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

【スポンサードリンク】

日傘の色による効果の違いとは?

日傘というと黒が一般的ですが、白や紺などもよく見かけます。

日傘は紫外線カットや日焼け防止のためにさすものですが、色による効果の違いはあるのでしょうか?

紫外線透過率を色別に比べた結果は下記のとおりです。

黒・・1.6%

紺・・4.7%

ピンク・・9.6%

白・・19.3%

こうしてみると、黒が一番紫外線カットの効果が高いのがよくわかります。

日傘に当たる紫外線を外へ反射させる効果は白でも高いですが、白だと反射しきれない紫外線が日傘の布地を通してしまう割合は高くなります。

その点日傘が黒だと、紫外線カット効果だけでなく地面に反射した光も吸収してくれます。

そうなると日傘の紫外線カット効果が高いのは黒色だということになります。

ただ、黒は紫外線を吸収してしまうので長時間さしていると日傘自体が熱くなります。

日傘の下に熱気がこもってしまうので、さしている人の体感温度も地面からの照り返しに加えて上昇するリスクがあります。

そうなると、日傘は外側が紫外線を跳ね返す白色、内側は紫外線を透過させない黒色がベストだと言えるでしょう。

ただ最近では白や黒だけじゃなく、水色や薄ピンク、ベージュやグリーンなどカラフルな色の日傘も増えています。

薄ピンクやベージュなどの薄い色は白と同様の効果が、紺やグリーンなどの濃い色は黒と同様の効果があると考えられるので、色を選ぶ際の参考にしてみましょう。

【スポンサードリンク】

日傘の効果で最も大事なのは色ではなく生地!

日傘の紫外線カット効果が高いのは黒だということがわかりましたよね。

でも日傘選びが一番大事なのは色ではなく、最近では実は使われている生地だと言われてます。

日傘で黒色を選んでも、紫外線カット加工が低い生地ではあまり効果がありません。

紫外線カット効果が最も高い生地がポリエステル、次いで麻、コットンという順になります。

ただポリエステルは黒と同じように、熱を吸収してしまうので時間が経つと日傘が熱くなってしまいます。

そのため、内側はポリエステルだけど麻やコットンなどと二重張りにしてある日傘が効果的だと言えます。

結果的に、最も効果が高い日傘というと

・外側はポリエステルなどの素材を使った白などの薄い色

・内側は麻などの天然素材を使った黒や紺などの濃い色

という条件を満たしたものだと言えます。

日傘一つをとってみても、色や素材によって紫外線カットの効果や、日傘の下の熱気のこもり方なども大きく異なることがよくわかりますよね。

今回紹介した日傘の効果を参考にして、自分のお気に入りの、そしてできるだけ効果の高い日傘を選んでみて下さいね。

【スポンサードリンク】