最近なぜかお腹が臭い、特におへそが臭うと感じることってありますよね。

それに、よく見てみるとへそから黄色の膿が出ているのに気づくと、何が原因か気になります。

通常へそが臭いなんてこともましてや膿が出るなんてこともないので、ビックリしますよね。

そこで今回は、へその臭いや膿の原因や対処法などを紹介していくので、目を通してみてください。

【スポンサードリンク】

へそが臭い&膿が出る原因は?

へその穴は汗や皮脂などが溜まりやすく、お風呂で洗ったつもりでも穴が小さいので十分に汚れを落としきれていないことがあります。

するとへその穴に茶色のような垢がついたままになり、これがへその臭いの原因になります。

へその穴に溜まったゴマにような垢が気になる、ゴシゴシこするという人もいるでしょう。

へその皮膚はとてもデリケートなので、少しの刺激でも傷ついて雑菌が入り込みます。

すると、へその中で炎症が起きて膿が出てくる原因となります。

へその穴を汚れやままにしておくと臭いし、かといって洗いすぎても傷ついて膿んでしまうので難しいところです。

【スポンサードリンク】

へその臭いと膿は病気が原因のこともある!

へその臭いや膿は、へその病気が原因となっていることもあるので要注意です。

上記のようにへその垢が溜まりすぎて細菌に感染すると、へそが赤く腫れあがったり膿が出てきて臭いもひどくなる臍炎を発症することがあります。

へその周りには腹膜があるので、炎症が進むと腹膜炎を発症し細菌が全身に回って命を落とす危険性もあるのです。

通常はへその炎症部位を消毒して様子を見ますが、重症化すると膿を出す手術が行われることもあります。

また人が胎児の頃に、へそと膀胱をつないでいた尿膜管という部位があります。

通常は産まれた後に自然に閉じますが、まれに閉じない人もいます。

へそから尿が出たり細菌が入り込んで炎症を起こし、膿んだりする尿膜管遺残症を発症することがあります。

赤ちゃんの頃は閉じていたのに、大人になって突然尿膜管が開くという人もいます。

放置すると細菌がへそから全身に回って、命の関わる場合もあります。

治療は手術によって尿膜管を除去したり、へその下を切開して膿を出すという処置が行われます。

へそが臭いとか膿が出ていて痛いようなら、早いうちに病院を受診することをおすすめします。

症状が軽ければ、炎症を抑える塗り薬などで治る場合もあります。

定期的にへそのケアをしておこう

へそに垢が溜まって臭いや膿が出ないように、定期的にへそのケアをすることも大事です。

まずへその垢は固まっているので、ベビーオイルなどを塗って10分位おいて置き柔らかくふやかします。

その後で綿棒やガーゼなどでへそをこすらないように、優しく垢を取り除きます。

へその周りも一緒に軽く拭いて、清潔な状態にしておくとよいでしょう。

無理に垢を取ろうとすると、へその皮膚を傷つけるのでやめましょう。

へそのケアは大体3、4日に1度くらいの割合で、入浴時などについでに行うよう習慣にしていきましょう。

【スポンサードリンク】