頭皮のかゆみが原因で、頭を掻きむしってしまうことはありませんか。

また頭の掻きすぎが治らないために抜け毛を心配されていることはありませんか。

今日は治らない頭皮のかゆみと抜け毛の原因、またその対処について追及してみました。

是非参考にしてください。

【スポンサードリンク】

頭皮のかゆみが出るのは?抜け毛との関係は?

頭皮にかゆみが出る時多くの場合、頭皮が頭皮湿疹と言われる炎症を起こしています。

頭皮は刺激に敏感で荒れやすい場所なのですが、またこの刺激を感じることに対しては鈍くできています。

頭皮のかゆみを処置をしないでそのままにしておくと、抜け毛にもつながります。

頭皮のかゆみや抜け毛がひどくなりだしたら皮膚科に行くこともお薦めします。

【スポンサードリンク】

頭皮湿疹は3種類

脂漏性皮膚炎とは頭皮湿疹の中では最も多いもので、マラセチア菌というカビ菌の一種が頭皮に増殖して、強いかゆみやフケを伴うことがあり、頭皮に赤みが生じるという特徴があります。

皮脂欠乏性湿疹は頭皮が渇いてしまうとなる頭皮湿疹です。

皮脂欠乏性湿疹はかゆみが生じ、さらにかきむしることで悪化してしまうケースが多いようです。

接触性湿疹はカラーリングなどでアレルギー反応が出たときに起きる頭皮湿疹です。

大体の場合、強いカラーリングなどの使用を止めれば治ります。

治らない場合は頭皮のケアを再チェック

頭皮のかゆみが治らない場合は頭皮のケアの仕方を再チェックする必要があります。

頭皮のかゆみは乾燥からなることが多く、まず保湿をすることが大切になります。

頭皮のローションなどで頭皮のバリア機能を補修してあげてみてください。

またシャンプーでも、頭皮をゴシゴシ洗うのではなく、優しく洗ってあげることが大切です。

シャンプーの時の刺激は頭皮に大きなダメージを与えるので、爪を立てて洗わず、泡で洗ってあげるようにしてください。

シャンプー剤も自分に合ったものを選ぶことをお薦めします。

シャンプー剤は頭皮に必要な皮脂も過剰に落としてしまう可能性もあることから、アミノ酸シャンプーやベタインシャンプーを使うことをお薦めします。

髪を乾かすときもドライヤーで完全に乾かしてしまうよりかは、ある程度は自然乾燥をしたほうが頭皮のためになります。

どうしても頭皮のかゆみが治らない場合は、皮膚科にかかることをお薦めします。

皮膚科では治療にステロイドを使ったり、ケトコナゾールなどの抗真菌薬などを使用することがありますが、昔と比べて今は頭皮の悩みで皮膚科に治療に行く人は増えていますので診察してもらうことも考慮のうちに入れます。

また頭皮のコンディションは環境やストレスのレベルでも大きく変化します。

頭皮のためにストレスの多い環境を変えてあげることも頭皮にはよいものです。

最後に

いかがでしたか。

頭皮のかゆみは意外とたくさんの方が悩みに持っています。

ちょっとしたケアの変化で頭皮のかゆみは改善されるものです。

是非参考にしてみてください。

【スポンサードリンク】