鼻の頭が臭いと感じたことはないでしょうか?

その原因はずばり鼻の脂です。

鼻の頭のテカリが気になりだすと、脂を脂取り紙で抑えたりメイク直しをしたりとなにかと手間がかかります。

そして、面倒くさいと思った女性も多いはずですよね。

あなたの鼻の脂が“臭い原因”にもなっている事を知っているでしょうか?

臭い原因となる鼻の脂が過剰分泌される原因とその対策についてご紹介します。

【スポンサードリンク】

臭い鼻の脂を除去するために知っておきたいこと

皮脂は本来、皮膚を外部刺激から守ってお肌の健康のバランスを保つ機能があります。

乱れた生活や誤ったスキンケアをしていると鼻の脂が過剰分泌されてしまい、テカリだけでなく毛穴や皮膚の上で酸化・分解して臭い状態になってきます。

おでこや鼻の脂の臭いが.気になりだすと洗いすぎてしまし、必要以上の洗顔・拭き取りを行ってしまいがちですね。

洗い過ぎることは皮膚を保護する皮脂バリアがなくなってしまうので、体を守るための必要以上の皮脂をさらに放出するようになります。

では、どうやったら無駄な皮脂を増やしてしまうのでしょうか?

鼻の頭が臭くなる原因について

鼻を臭くする脂は、皮脂腺から分泌される皮脂が原因です。

また、洗顔時に肌や鼻を擦ることは摩擦が加わることで肌を痛めてしまいます。

日常生活において、ストレスや睡眠不足などにより女性ホルモンのバランスが崩れてしまうと、皮脂の抑制作用が上手く働かずに脂の量が多くなり、酸化による臭いが強くなるようです。

皮脂量が男性の方が多いと言われるのも、女性に比べてホルモンによる皮脂抑制の作用が弱いことが原因のひとつに上げられます。

近年では女性の社会進出が進んだこともあり、女性も同様に脂臭さを気にする方が増えてきているようです。

鼻の臭い対策

鼻の臭いを防止する為には、たまった皮脂を除去する、皮脂を増やさないことが対策のポイントになります。

① たまった皮脂を除去する
そして洗顔は、界面活性剤を使用していない洗顔料でよく泡立てて洗顔します。

手で顔をゴシゴシしないようにしないで、泡で洗うイメージですね。

洗顔用のネットは¥100ショップでも売っているので、使った方が綺麗な泡が作りやすいので使うことをおすすめします。

そして洗い流す時はぬるま湯もしくは、水で洗い流してくださいね。

ひと肌で温かい温度のお湯は、顔を洗った後に残しておきたい皮脂を流して乾燥します。

とりあえず、朝晩の基本の洗顔と保湿を取り入れれば、徐々に鼻回りは改善していくと思います。

肌をそっと押さえるようにしてタオルで水分を吸わせるようにしましょう。

タオルを横に動かして水気を拭き取るのはだめです、肌を痛めます。

② 皮脂を増やさない
どうしても暖かい季節はテカリやすいので、汗をタオルで押さえてから脂取り紙で軽く押さえてあげるといいです。

しかし、使い過ぎは脂取り紙の使い過ぎは禁物です。

昼間に臭いが気になる様なら鼻だけ洗顔して、鼻だけ化粧水を塗るのもアリですね。

それでは最後までお読みいただきありがとうございました。

【スポンサードリンク】