風邪や花粉症になると、鼻のつまりで悩まされることはないでしょうか?

のどをガラガラさせてうがいをするのではなく、鼻うがいで鼻のつまりを解消させるのに効果てきです。

鼻の中を、うがいと同じように洗い流す方法で、鼻を“ちーん”とかんでもねばねばする鼻水や、ほこりやハウスダスト等のアレルギー物質を取りのぞく効果があるようです。

鼻に水を流すというと、“ツーン”とした痛みを感じてしまいそうですが、いくつかのコツを知れば痛みなく安全に行うことができます。

鼻の調子がイマイチよくないとき、風邪・花粉症対策に、鼻うがいをしてすっきりさせましょう

特徴や治し方についてご紹介します。

よかったら参考にしてみてくださいね。

【スポンサードリンク】

鼻うがいについて

鼻うがいについてですが、やったことのない人でも辛くて痛そうなイメージをお持ちの方もいると思います。

それは当然のことで、水を吸い込む時に鼻の奥にツーンとなる刺激を誰もが経験しているからです。

効果がありそうだけど、そこまでやろうとは思わないでしょう。

しかし、鼻うがいは正しいやり方さえ知っていれば、痛くないしむしろスッキリ感が得られます。

風邪や花粉症が流行る季節は、口うがいだけでは根源となる病原菌やウイルスを完全に除去できないと考えられています。

安全で正しいやり方を理解して鼻うがいを習慣化して予防に努めましょう。

【スポンサードリンク】

風邪・花粉症に効果がある鼻うがい

鼻うがいを行うことで鼻腔内にたまったホコリやウイルス鼻の奥に蓄積された膿や花粉やほこり等が洗浄され、鼻づまりや喉の痛みが軽減されます。

鼻洗浄は、鼻腔にたまった雑菌やウイルスを直接洗い流すため風邪の予防にもなります。

花粉症に対しても鼻粘膜に付いた花粉を洗い流して効果的に症状を改善することが可能です。

鼻うがいは風邪の時期の風邪予防や花粉症時期の花粉症対策に効果がある最適な方法だと言えます。

初めて鼻うがいをする人にとって、鼻うがいはハードルが高いと感じてしまいがちです。

鼻うがい初心者の方は、自宅で簡単に鼻洗浄ができる洗浄液と洗浄器具のセットを使えば手軽に鼻洗浄が出来ます。

風邪や花粉症で鼻のつまりで悩んでいるみなさまの生活が少しでも楽になれば幸いです。

鼻うがいの方法

市販で売られている鼻うがい用の商品を使えば気軽に始められますが、自宅にあるものを使って鼻うがいを行うことも可能です。

方法がいくつかありますので、自分のやりやすい方法でしてみましょう。

鼻に水がはいると、痛みが生じると思われている方も多いと思います。

それは体液と水の浸透圧が違うために起こります。

そのため鼻うがいでは、浸透圧を体液に近い約1%の食塩水を使うことをおすすめします。

そいて、使う水ですが人間の体温と同じか少し温かい36~38℃程にしたぬるま湯がおすすめです。

準備するものとして、ぬるま湯(一度沸騰させた)、塩、洗面器、コップ、タオル 等

約1%の食塩水を作ります。

1リットルの水を沸騰させて、人肌くらいまで冷まします。

ぬるま湯に対して、約10gの食塩を入れて溶かします。

この食塩水は使いまわすのではなく、鼻うがいをするたびに作るようにしてください。

濡れることを気にせずにできますし、体も温まって鼻水も出やすくなっています。

食塩水を流し込んでいくやり方ですが、ストローで食塩水を吸い込みます。

はじめのうちは周囲が濡れてしまうかもしれないので、お風呂場ですることをおすすめします。

鼻うがいは1日1~2回程度にして、やりすぎないようにしてくださいね。

最後までお読みいただいてありがとうございます。

【スポンサードリンク】