透明でさらさらした鼻水がなかなか止まらなくて困ることがありますよね。

さらさらした鼻水は、鼻をかんでも止まらないことが多いですが、何とかして止める方法はないものでしょうか。

鼻水を止める方法もですが、さらさらした鼻水は風邪が原因なのか花粉症が原因なのかも知りたいですね。

さらさらした鼻水を止める方法と、花粉症か風邪かを判断する方法を調べてみました。

【スポンサードリンク】

鼻水のメカニズム!どうしてさらさらの鼻水がでるのか

鼻水が止まらなくなって困ることがありますが、実は鼻水は普段から出ています。

正常な時にも鼻水は1日数リットルも出ています。

普段はこの鼻水が体内で正常に処理されさらさらと出てくることはないのですが、風邪の時や花粉症だとさらさら出てきてしまいます。

花粉症でも風邪でも共通しているのは、鼻から異物が入るのを防ぐためということです。

すでに侵入してしまった異物を洗い流す役割も持っています。

なので、鼻水が止まらないからと無理やり止めるのは本来ならやめたほうがいいのです。

また、鼻の中が乾燥するのを防ぐ役割もあります。

乾燥を防ぐことで花粉などを防ぐことにもなりますので、やはり無理やり鼻水を止めないほうがいいようです。

しかし、ずっと出続ける鼻水はストレスですし、止めたいですよね。

では、どうしたらいいのでしょうか。

【スポンサードリンク】

鼻水を止めるにはどうしたらいいのか?

さらさらの鼻水は、風邪が原因か花粉症が原因かで違ってきます。

風邪が原因の時は、とにかく出し切ってしまうのが早道です。

体内に入ろうとしている菌を防ごうとしているので、鼻水はとにかく出すことが大事です。

すでに侵入してしまった菌を追い出そうともしているので、止めるより出すほうが体にもいいのです。

少しでも鼻水を止めたいなら、体を温めるのが効果的です。

体を温めると毛細血管が広がり、鼻の通りがよくなります。

次に、花粉症の時の鼻水ですが、こちらも基本的には出してしまうのがいいです。

しかし、花粉症の場合は、鼻にアレルギー物質を入れないことで鼻水を防ぐことができます。

花粉症のさらさらの鼻水は、鼻に侵入してきた花粉などの異物を洗い流そうとしているので、花粉を防げばいいのです。

マスクをするなどして、鼻に花粉が入るのを予防しましょう。

入ってしまった花粉は、鼻水で出すしかないので、やはり鼻をかんで出し切ってしまうのがいいですね。

異物を取り除くため、鼻うがいも効果的です。

体温くらいに温めた塩水を片方の鼻から吸い、口から出します。

鼻を温めるのも効果的です。

さらさらの鼻水は、ツボを押すことで止めることができます。

小鼻の横にくぼみがありますが、そこを指で軽く圧迫します。

すると鼻水が止まります。

あまりにもさらさらした鼻水が続いてつらいときはツボを押してみるのもいいでしょう。

それでもどうしようもない場合は、薬に頼るしかありません。

風邪の場合と花粉症の場合では薬が違うので、自分の鼻水が風邪が原因なのか花粉症なのか見極めてください。

風邪の時は鼻水のほかにのどの痛みや関節の痛みなどが現れます。

花粉症の時は鼻水が朝や寝る前にひどくなるのが特徴です。

病院に行けばお医者さんが正しい診察をしてくれるので、自分でわからないときは診察してもらいましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

さらさらした鼻水を止める方法をご紹介しました。

風邪の場合も花粉症の場合も、異物を防ぐための鼻水なので、基本的には出し切るのがいいでしょう。

どうしても止めたかったら、出し切ってしまうか、少しでも軽減できる方法を試しましょう。

つらいさらさらの鼻水予防の参考になれば幸いです。

【スポンサードリンク】