風邪をひいたときに鼻水でつらい思いをしたことがある人も多いでしょう。

その鼻水ですが、色が黄色くなることがありますよね。

鼻水が黄色くなると風邪の治りかけのサインと言われていますが本当でしょうか。

黄色い鼻水が出ると風邪の治りかけなのか調べてみました。

【スポンサードリンク】

鼻水が黄色くなるのはなぜ?

透明でサラサラだった鼻水が、黄色くねばねばしたものに変わるときがありますよね。

風邪をひいたときに、鼻水が黄色くなると、風邪の治りかけと言われたことがある人もいるかもしれません。

黄色い鼻水は、体内の菌やウィルスと戦った免疫細胞を出そうとしているサインなのです。

風邪の治りかけというよりは、体内の風邪の原因菌を退治している証拠なのです。

菌をやっつけて、役目を終えた細胞が、黄色の鼻水になります。

菌と共に、体内から不要な細胞を追い出すために出てくるのが黄色い鼻水です。

つまり、体が風邪を治そうと頑張っている証拠です。

風邪を治そうとしている証拠なので、治りかけというより、快方に向かって頑張っていると思ってください。

【スポンサードリンク】

黄色い鼻水が出始めたら気を付けることって?

先ほども書いたように、黄色い鼻水は、体内で菌と戦って不要になった細胞などです。

鼻をかんで外に出すのが正しいのですが、鼻をかまずにすすってしまう人は注意してください。

周りにティッシュがなかったり、軽い気持ちですすってしまうと、せっかく退治した菌を体内に戻してしまうことになります。

不要になった免疫細胞でもあるので、黄色くなった鼻水は必ず体外に出すようにしてください。

鼻をかんでもすっきりしない人は、鼻うがいなどをして外に出すのもいいですね。

また、風邪の治りかけと思い込んで、無理をしがちな人もいますが、まだまだ安静が必要です。

むしろ、完治しようと頑張っているときなので、ゆっくり休んで栄養を取るべき時です。

ぐっすり眠って、食べられるものをしっかり食べて、無理はしないようにしてください。

なかなか治らない黄色い鼻水は?

風邪が治りかけているときの黄色い鼻水は、1週間程度でおさまることが多いです。

しかし、黄色い鼻水が続く人もいるでしょう。

長く続く鼻水は、もしかしたら副鼻腔炎かもしれません。

鼻腔に膿がたまっている状態で、蓄膿症ともいわれます。

これは風邪とは違うので、耳鼻科での治療が必要になってきます。

副鼻腔炎は放置するとほかの病気にもつながりますので、なかなか黄色い鼻水が治らない人は病院へ行きましょう。

急性の副鼻腔炎の場合は疲れなどが原因のこともあるので、やはり休養が必要です。

放っておくと慢性化してしまうので注意してください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

風邪を引いたときに出る黄色い鼻水について調べてみました。

黄色い鼻水は風邪の治りかけというより、完治しようと体が頑張っている証拠です。

治りかけなので、無理をしないで休むサインだと思ってください。

なかなか治らない黄色い鼻水は副鼻腔炎の可能性もあるので、続いた場合は注意が必要です。

黄色い鼻水は、鼻をかんで体外に出しましょう。

そして、ゆっくり休養して完全に風邪を治しましょう。

参考になれば幸いです。

【スポンサードリンク】