鼻がなんだかかゆい方、実は乾燥が原因かもしれません。

しかも冬だけでなく、夏にもそんな症状がでていればなおさらです。

乾燥して鼻がかゆいだなんて、なんだかイメージがつきにくいのですが、今回はその考えられる原因と対処法についてお話していきます。

【スポンサードリンク】

乾燥がかゆみを引き起こす?意外と知らないドライノーズ

1、鼻がかゆいので、ほじってしまいたくなるし、鼻をかみたい気分。
2、鼻水は出て来ないし、ほじったらヒリヒリして出血した。

こんな方は乾燥が鼻のかゆみを引き起こすドライノーズの可能性があります。

ドライアイは良く聞く単語ですが、ドライノーズは意外と知られていません。

原因はドライアイと同じく乾燥が引き起こすものですが、症状は鼻の中がかゆくなり、酷ければ出血してしまうというもの。

冬場のエアコンだけでなく、夏場もクーラーによって室内は乾燥した状態になりますから、夏場のドライノーズにも要注意です。

【スポンサードリンク】

鼻水が出る?出ない?で違うかゆい原因

鼻がかゆいけれど鼻水が出なければ、それはドライノーズの兆候です。

しかし鼻がかゆい、くしゃみがでる、鼻水がでるとなれば原因は変わってきます。

特にかゆみにプラスしてくしゃみと鼻水が出るのなら、原因として考えられるのは、アレルギー性鼻炎です。

現代社会では統計的に約5人に1人の方にアレルギー性鼻炎の方がいるそうです。

この場合、鼻の中は乾燥というよりもむしろ高湿度な状態ですし、治療には治療薬としてアレルギー用のステロイド剤などを使用します。

このように鼻がかゆい場合はドライノーズと同じような対処法を行っても効果はありませんのでご注意ください。

乾燥が原因のかゆい鼻を治すための具体的な対処法は?

乾燥が原因のかゆい鼻を治すためには、その名の通り、乾燥を取り除くことで解決できます。

それは環境(室内)の乾燥もそうですし、鼻の中の乾燥に対しても行う方法です。

具体的には鼻のかゆいのを防ぐための環境もしくは鼻の中の乾燥を取り除くには以下のような方法があります。

◎部屋を加湿する
→加湿器を使用する、洗濯物を干す、洗面器いっぱいに水を張って部屋に置いておくなどすることでエアコンやクーラーで乾燥した部屋を加湿します。

◎マスクをする
→自分の呼気により、鼻の中が温められる上に加湿される効果があります。

◎グリセリンや生理食塩水を綿棒で鼻の中に塗る
→薬局でも安価で購入できる生理食塩水や液体グリセリンを綿棒につけて鼻の中に塗布します。
グリセリンも液体タイプの物でしたらそこまで呼吸を邪魔することなく、鼻の中を加湿できます。

※市販で売られている鼻のかゆみ専用のスプレーは、実はアレルギー性鼻炎用の物である場合が多いです。
購入する際には、薬剤師に相談しながら自分の症状とスプレーの用途をきちんと見極めて購入してください。

最後に

乾燥によってもたらされた鼻は、実はかゆいだけでは終わりません。

というのも、鼻は体へのばい菌の侵入を防ぐ働きももっているので、乾燥して出血などしていることで感染症のリスクを格段に上げてしまいます。

そういった意味では、乾燥が原因でかゆくなった鼻は、感染症リスクが上がったことを教えてくれる信号ともとれますね。

ドライノーズが疑われた場合は、ひどくなり、ばい菌やウィルスによる風邪が引き起こされる前に対処して治してしまいましょう。

【スポンサードリンク】