ハムスターが夏バテして元気がないと、体も小さいし心配になります。

ハムスターの夏バテ対策としては、食べ物や水分補給などはどうすればよいか悩みますよね。

食べ物などに注意して、ハムスターの夏バテ対策を上手にやらないと、最悪ハムスターが命を落とすことにもなりかねません

そこで今回は食べ物などを含め、ハムスターの夏バテ対策法を紹介していくので参考にしてみてください。

【スポンサードリンク】

ハムスターの夏バテ対策~室温管理や食べ物を入れる容器の工夫など~

ハムスターは暑さに弱く、夏バテしやすいのでしっかり対策をする必要があります。

まずハムスターの夏バテ対策としては、ハムスターが快適に過ごせるよう暑い日はエアコンをつけて、25度前後に保つことが大事です。

その際は、ハムスターの体にエアコンの風が直接当たらないように気を付けましょう。

また、ハムスターが暑さを感じたときに、自分で体を冷やして夏バテ対策できるように、ホームセンターなどで購入できる大理石などの冷たい石やプレートをゲージに入れる方法も効果的です。

更に、凍らせたペットボトルをタオルでくるんだものなどをゲージの上に置けば、冷気がゲージの中に入るのでハムスターの夏バテ対策になります。

また、ハムスターの食べ物を入れる容器も暑いと熱を持つので、裏側に保冷剤を貼り付けて冷やしたり、中の食べ物を冷やす意味でも冷たい石でできた容器に変えるのもよい方法です。

【スポンサードリンク】

ハムスターの夏バテ対策~水分補給と食べ物対策~

ハムスターも夏バテすると、食欲がなくなったり脱水を起こして体調を崩しやすくなるので、水分や食べ物を補給してしっかり対策をしてあげなければなりません。

ハムスターは雑食なので、基本的に食べ物は何でも食べます。

普段は市販のペレットと呼ばれる主食をあげつつ、にんじんやキャベツなどの野菜、りんごやバナナなどの果物を食べ物としてあげます。

しかし、ハムスター夏バテすると、食欲が落ちて食べ物を受け付けなくなるかもしれません。

特に怖いのが脱水で、ハムスターは体が小さいので水分不足に陥りやすいため、ぬるくならないように水はこまめに取り換え、飲みやすいように冷たくしてあげるとよいでしょう。

更に食べ物は、ハムスターが好んで食べるひまわりの種やアーモンド、水分が多い野菜や果物などあげてみましょう。

日頃はナッツ類や果物などの食べ物は、高カロリーで糖分も多いため控えめにしているかもしれません。

しかし、ハムスターが夏バテしている時は、栄養をしっかり取らせて体力を回復させることが先決です。

下痢しないように量を考えつつ、夏バテ対策としてハムスターが好んで食べる食べ物を食べさせましょう。

ただ、与えた食べ物が生ものなど食べずに放置すれば腐敗するため、少量ずつ与えて早めに交換してください。

他にもハムスターの夏バテ対策として、水にはちみつを少量溶かして飲ませるという方法もあるので、試してみるとよいでしょう。

最後に

ハムスターの夏バテ対策は、室温管理や食べ物など色々あるのでできることからやっていきましょう。

しかし、夏バテ対策をしてもぐったりして動かない、何も食べない飲まない、下痢やおう吐を繰り返すなど深刻な症状がみられる場合は、早めに動物病院で診察を受けることをおすすめします。

【スポンサードリンク】