皆さんは、いつ歯磨きをしていますか?

食後すぐに磨くという人もいれば、時間を空けて磨くという人もいるでしょう。

正しい歯磨きは、食後、どれくらいの時間がたってからがいいのでしょうか。

いつ歯磨きをするのが本当に歯にいいのか、調べてみました。

【スポンサードリンク】

食後30分あけるのは正しいのか?

ここ最近の話ですが、歯磨きは食後30分はあけたほうがいい、という話を聞きませんか?

これはアメリカで行われた実験に基づく話で、日本でも歯磨きの概念が覆されたと話題になりました。

食後すぐは、口の中でプラークと呼ばれる、いわゆる歯垢が、酸を出して歯を溶かすといわれています。

酸で歯の表面が溶かされ柔らかくなっているので、そのタイミングで歯磨きをすると歯が削れるといわれ始めました。

30分たてば、唾液によって口の中が中和され、酸性状態ではなくなるので、30分あけて歯を磨くといいとされています。

確かに酸性では歯の表面が柔らかくなっていますし、強くブラッシングすれば歯の表面が削れるのもわかります。

しかし日本の歯医者さんの多くは、この「食後30分あける」に、疑問を持っているといわれています。

【スポンサードリンク】

やっぱり歯磨きは食後すぐ?!

昔から日本の歯医者さんは「理想は3・3・3」と指導してきたそうです。

これは、1日3回、食後3分以内に、3分間は歯を磨こうというものです。

子供のころから、食後すぐ歯を磨きなさい!と言われて育った人も多いでしょう。

口の中の汚れは、早く取り除くのが一番いいという考えですね。

そしてこの考え方の歯医者さんは、食後30分あける、というのは賛成できないようです。

まず、食後30分あけるという考えはアメリカでの実験結果から来ているが、アメリカ人と日本人では歯の構造が違うということ。

また、時間をあけている間も、酸が歯を溶かしていくことは間違いないので、やはり歯磨きは食後すぐがいいというものです。

時間をおいて口内が中和されるといっても、その時間にも歯にはリスクがあるということのようですね。

時間をあけて磨くほうがいい場合もある

このように、食後30分はあけるほうがいいという考えと、食後すぐにという考え、二つがありました。

しかし、一部の人は時間をあけて磨くほうがいいということはわかっています。

まずは、常に口の中が酸性に傾く傾向がある病気の人は、歯が柔らかい状態なので食後すぐは避けたほうがいいようです。

また、炭酸飲料などを飲んだ直後は、同じく歯が柔らかい状態のため、時間をおいて歯磨きをしたほうがいいそうです。

つまり、食後すぐは歯が柔らかい状態なのは間違いないようなので、磨くといっても強くブラッシングしてはいけないそうです。

すぐに磨く人も、時間をあけて磨く人も、歯ブラシをごしごしこすりつけて磨いては、歯にはよくないことを覚えておきましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

食後すぐ歯磨きをする人、時間をあけて磨く人、最終的には自分の好みになりそうです。

いつでも食べてすぐ磨かないと嫌な人は、歯磨きを優しく行えばいいですね。

時間をおいて磨きたい人も、時間をおいている間にも酸の働きで虫歯の原因になることも少し頭に入れておいてください。

そして、せっかく歯磨きをするのですから、歯を傷めないように気を付けてみてください。

参考になれば幸いです。

【スポンサードリンク】