「発酵」と「腐敗」の違いについて考えてみたことはありますか?

「発酵と腐敗、全然違うじゃん!」と思いがちです。

が!実は科学的に起こっている現象はほとんど同じなんです。

「え?だって牛乳が発酵したらヨーグルトだけど、腐敗したら腐った牛乳じゃん」
「全然違いますよ!」

という声が聞こえてきそうです。

発酵と腐敗は、人間にとって大きな違いがありますが、起きている現象はほとんど同じ…

それでは、この興味深い事実についてゆっくり見ていきましょう。

読んでいただけると幸いです。

【スポンサードリンク】

発酵とは何か?

発酵という現象は、実はわたしたちが日常生活で触れている多くのものに使われています。

ヨーグルトもそうですし、味噌や醤油、さらには医薬品や化粧品にも発酵の技術が使われているんです。

では一体、発酵とはどんな現象なのでしょうか?

発酵とは、「微生物の働きによってその物質が変化すること」です。

目に見えない微生物が働き、香りや新しい味わいをプラスし、色や栄養を作り出すことを発酵と呼んでいます。

【スポンサードリンク】

腐敗とは何か?

それでは腐敗とは一体どんな現象のことを言うのでしょうか?

腐敗とは、「微生物の働きによってその物質が変化すること」です。

あれ?発酵と同じですよね。

そうなんです。腐敗という現象は、起きていることは発酵とまったく同じなのです。

発酵と腐敗の違いとは?

それでは、発酵と腐敗の違いとは一体何なのでしょうか?

発酵と腐敗の違い、明確に分ける境界線はたった一つ。

それは、

「人間の役に立つか立たないか」

これだけです。

「え?そんな曖昧な感じなんですか?」と質問したくなっちゃいますよね。

ではもう一度、ヨーグルトの話。

牛乳が微生物の働きによって変化したとしましょう。

それが、ヨーグルトになるか?それとも腐った牛乳になるか?

その結果によって、発酵なのか、腐敗なのかが分かれるということなのです。

科学技術が発達しているこの時代に、理論的にうまく違いを説明できないものが身近にあるんだというのは驚きですよね。

でも、いろいろと調べてみましたが、実際問題、発酵と腐敗の違いを科学的に明確に説明するのはとても難しいようです。

他にも、醤油や味噌やお酒や酢、チーズ、パン、キムチなどなど、、、たくさんお世話になっている

それが発酵と呼ばれるのは、人間にとって有益であると判断されてはじめて「発酵したんだ!」と言えるということです。

まとめ

発酵と腐敗の違いについて見てきましたが、いかがでしたか?

発酵と腐敗の違いは、科学的にはっきりと説明することができません。

発酵も腐敗も、「微生物の働きによってその物質が変化する」ということには変わりがないからです。

発酵は、様々なモノを「人間にとって有益な物質」に変化させ、人間の生活を豊かにしてきました。

周囲を見渡してみればわかる通り、今や発酵は、私たちの生活を支えているなくてはならない現象です。

そして腐敗は、発酵と起きている現象は同じですが、「人間にとって有益でない物質」に変化することを言います。

発酵と腐敗、起きていることは同じですが、その判定は人間の損得で決まっているということ。

面白いですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

【スポンサードリンク】