排便の時に、お尻は痛くないけど出血があってびっくりしたことありませんか?

排便時の出血は、痔なのかな?と普通思いますよね。

でも痔だと排便の時に肛門が痛くなるのが一般的なのに・・出血すると何か他の病気なのでは?と余計心配になるものです。

そこで今回は排便時に痛くないけど、出血するのはなぜか?、痔の症状などについて説明していきます。

【スポンサードリンク】

排便時に痛くないけど出血するのは「内痔核」の可能性大!

排便時に出血すると痔になっている可能性が高いですが、痛くないというのはなぜでしょう。

実は痔には出血はあるけど、排便時に痛くない種類のものがあります。

痔の種類や主な症状と共にみていきましょう。

まず痔は大きくわけて3つの種類があります。

・切れ痔・・排便時に排便が固いなどの理由で力みすぎて肛門付近の皮膚が切れて出血をする。

皮膚が切れるので痛みを伴う。

・痔ろう・・肛門付近が細菌に感染するなどして膿んでしまい、固いしこりのようなものができる

出血はあまりないが痛みを伴い、発熱する場合もあって、排便時に膿が一緒に出ることもある

・いぼ痔・・肛門付近にいぼのようなできものができる

肛門の外側にできるのが「外痔核」で、排便時に出血があって痛みを伴います。

肛門の内側にできるのが「内痔核」で、排便時に痛くなく出血があります。

上記の3つの痔の種類のうちで、冒頭のように排便の度に出血はあるけど、痛くないという症状に当てはまるのが「内痔核」ということになります。

通常なら排便時にいぼが便で圧迫させれて痛みが出るのに、肛門の内側には神経が通っていないため痛くないとされています。

肛門の内側にいぼができるので、お尻を触ってもいぼの存在がわかりにくいですが、排便時にいぼに便が当たるので何となく違和感はあります。

内痔核を含むいぼ痔は、長時間同じ姿勢を続けていたり、便秘気味であったり、下半身が冷えるなどの理由で血流が悪くなることが原因でうっ血が起こり、いぼができるのが原因だと言われています。

【スポンサードリンク】

排便時に痛くないのに出血がある内痔核になったら早めに病院へ!

排便時に出血があるけど、痛くないため軽い痔だろう、放っておいても大丈夫だろうと思われがちです。

しかし、そのまま放置するといぼがどんどん大きくなったり、固くなって排便が困難になる場合があります。

排便時に痛くなくても、お尻を拭いた際にペーパーに血が付くということが続き、肛門の内側からいぼのようなものが
出てくるのが確認できるようなら、内痔核になっている可能性が高いでしょう。

でも内痔核は、初期の段階なら薬で治療すれば完治する場合がほとんどです。

悪化してしまい、排便時に痛みを伴ったり肛門から出てきたいぼが中に引っ込まない位大きくなったら、重症化している恐れがあります。

手術をしていぼを取り除くか、最近では注射で治せる病院もあります。

悪化しないようにもし当てはまる症状があれば早めに病院にかかりましょう。

→いぼ痔でおすすめの食事は?簡単な治し方!関連記事はこちら

【スポンサードリンク】