歯茎に口内炎ができて痛い思いをしたことはありませんか?

口内炎と言ったら口の内側にできたものと思いがちですが、歯茎にもできるものです。

歯茎にできた口内炎はものを食べるのにも痛いし早く治したいですよね。

歯茎の口内炎の治し方はあるのでしょうか。

歯茎にできた痛い口内炎の種類や治し方を調べてみました。

【スポンサードリンク】

歯茎にも口内炎ができる?できると痛い!

ほっぺの内側などにできた口内炎のように、歯茎にも口内炎ができて痛いことがあります。

歯茎にできた口内炎は「歯肉炎」と呼ばれます。

ほとんどのものが痛みを伴い、厄介なものです。

この歯肉炎と言われる口内炎は、睡眠不足や栄養バランスの崩れ、外部からの刺激によって起こります。

形は円形や楕円形で、中央がくぼんで白っぽいものが多いでしょう。

これを『アフタ性口内炎』と言います。

アフタ性口内炎と違って、水ぶくれのような口内炎はただの歯肉炎ではなくほかの病気の可能性もあります。

手や足にも歯茎と同じような口内炎ができた場合は「手足口病」かもしれません。

この場合は普通の口内炎とは治し方が異なりますので気を付けてください。

【スポンサードリンク】

歯茎にできた口内炎の治し方は?

それでは、歯茎の口内炎の治し方を見ていきましょう。

まず、疲れやストレスが原因でできた口内炎は、睡眠をたくさんとることで軽減できます。

まとまった睡眠がとれていないときの歯茎の口内炎は、ゆっくり寝ると治るかもしれません。

ストレスの原因がわかるのなら、それを取り除くことも効果的でしょう。

次に、栄養バランスが崩れて起こる歯茎の口内炎には、サプリメントでビタミンを補うのがいいですね。

もちろん食事からたくさん栄養がとれるのが一番ですが、口内炎がある場合は食事もままならないでしょう。

そういったときはサプリが効果的ですよ。

ほかにできることは、口の中を清潔に保つことです。

毎食後、きれいに歯磨きをすることも大事です。

こまめにうがいをしてもいいですね。

歯磨きをする際に、口内炎の部分には当たらないようにしてください。

歯茎の口内炎に刺激を与えるのは、治りを遅くしてしまいます。

また、うがいに液体タイプの洗浄液を使うのも避けたほうがいいでしょう。

含まれるアルコール分が刺激になってしまうからです。

できるだけ刺激の少ないものでうがいをするようにしてください。

とにかく早く治したい人は、市販の口内炎の薬を患部に塗るといいですね。

様々な口内炎薬が売られていますので、自分に合ったものを探してみてください。

塗り薬は味がして苦手という方は、貼り薬もあります。

薬剤師さんに詳しく聞いてみるといいでしょう。

乳幼児の歯茎の口内炎はヘルペスかも?

水ぶくれ状の口内炎が乳幼児にできている場合は、ヘルペスの可能性があります。

これはかなり強い痛みを伴うのでお子さんにはつらいかもしれません。

しかし基本的に安静にするしか対処法はありません。

水分補給をこまめにすることを心がけてください。

小さいお子さんは自分で栄養を取ることも難しいので、なかなか症状が改善しない場合は病院へ行きましょう。

水分や栄養分をとるために点滴などの処置をしてもらうことができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

歯茎にできる口内炎は、寝不足や疲れでできることが多いです。

思い当たる人はゆっくり休むことが早く治す近道です。

ほかにもサプリメントや市販薬などの治し方もありますので早く治したい人は試してみてください。

歯茎の口内炎は痛いしストレスにもなりますが、1~2週間で治ることが多いので、つぶすなどは控えてください。

お子さんの場合は治し方も異なりますので気を付けてくださいね。

参考になれば幸いです。

【スポンサードリンク】