私たちの生活には、ものを食べるという行為が欠かせません。

その食事の際に、噛むと歯が痛いという経験をされる方は多いのではないでしょうか。

食べている時だけではなく、歯を食いしばるなどでぐっと噛んでも痛い時もあるでしょう。

噛んだ時に歯が痛いのにはどういった原因があるのでしょうか。

【スポンサードリンク】

噛むと歯が痛いのは歯の根の炎症が原因である

冷たいものが歯にしみるのとは違い、噛むと痛いというのは【歯根膜炎】が考えられます。

字の通り、歯の根っこの部分の膜が炎症を起こしている状態です。

歯根膜炎は痛みや違和感に非常に敏感で、髪の毛ほどの細い異物が触れただけでも痛みを感じます。

これだけ敏感ですから、噛むと歯が痛いのは当然ですね。

では、歯根膜炎になる原因は何なのでしょう。

いくつかあるので順番に挙げていきます。

1.虫歯菌が歯根膜に感染した

いわゆる「虫歯」ですね。目に見えて穴が開いている以外にも、治療をして詰め物をしたところの下に虫歯ができることもあります。

これが原因で噛むと歯が痛い場合は、歯根の治療が必要です。

2.歯周病が関係している

歯周病は、歯の周りの骨が溶けてしまうなど様々な症状が表れます。

骨が溶け、歯がぐらつき、歯根があらわになることで歯根に炎症が起こります。

歯周病も治療が必要です。

歯のプラークや歯石を取り除くなどがあります。

歯根の骨の修復もしなければなりません。

3.歯ぎしりが原因である

寝ている間に歯ぎしりをしているかどうか、自分では気づかない人も多いと思います。

しかし、虫歯や歯周病ではないのに噛むと歯が痛いのは、歯ぎしりが原因かもしれません。

長期にわたって、力を入れて歯ぎしりをしていると、歯根に負担がかかり、結果、炎症を起こします。

この場合は、歯ぎしりをしないように意識することが大事ですが、自分では気づいていない場合もありますので、就寝時にはマウスピースを使うなどして改善するのがいいでしょう。

4.治療済みの歯が炎症を起こしている

虫歯の治療をしたはずなのに、その歯が噛むと痛い場合もあります。

その場合は、治療をしたことが引き金で歯根膜炎になっていることが考えられます。

虫歯治療の際に、歯根の隅々まで掃除を行いますが、その行為が歯根に刺激を与えた可能性があるのです。

この場合は痛み止めの薬を飲むなどして様子を見るか、化膿してしまった場合は歯医者で膿を取り除かねばならないときもあります。

【スポンサードリンク】

歯根膜炎を防ぐにはどうしたらいいの?

ここまで、噛むと歯が痛い原因は歯根膜炎の可能性が高いとお伝えしましたが、歯根膜炎を防ぐ方法はあるのでしょうか。

まずは、毎日の歯磨きをきちんと行うことです。

歯ブラシだけで歯間まできれいにするのは難しいので、デンタルフロスも使うなどしてしっかり磨きたいものです。

液体歯磨きを併用するのもいいですね。

そして、自分で完璧に手入れができないと思ったら、定期検診に行くのもいいと思います。

歯医者さんでしかできない歯石取りなどを定期的に行うことで、虫歯や歯周病のリスクがかなり減らせます。

一定の期間を決めて、かかりつけの歯医者に行くといいでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

噛むと歯が痛い原因は歯根膜炎を起こしていると思われます。

歯根膜炎を起こさないように、丁寧に歯を磨いたり定期検診に行くなど、予防をしっかりしましょう。

そして、もし歯根膜炎を起こしてしまったら、早く治療をしましょう。

食べ物をおいしくいただくためにも、歯は大事ですからね。

お役に立てたら幸いです。

【スポンサードリンク】