歯茎に赤いできものができてしまって痛い。

そんな経験はありませんか?

赤い、痛いこの歯茎のできもの、一体何なのでしょうか?

今回は、この歯茎のできものについて、原因と対処法も併せてご紹介していきます。

【スポンサードリンク】

歯茎の赤いできものが痛い!これは何?

歯茎にできてしまう赤い、痛いできもの。

これは「フィステル」と呼ばれる、膿を出すための穴だと思われます。

虫歯などが原因で歯の神経が死んでしまうと、歯の根元に膿がたまるため、歯茎が破れて膿を外に出します。

この時の穴がフィステルなのですが、フィステルは普通このように赤く腫れたりせず、痛くもならないのですが、体が疲労していたりするとこのように赤く晴れてくることがあります。

ただし、痛みや腫れを伴わなくても、そのまま放置すると周りの歯の神経を破壊したり歯を溶かしたり、大きな悪影響があります。

次の項からフィステルができる原因と、その治療法について見ていきましょう。

【スポンサードリンク】

歯茎に赤いできものができる原因

この歯茎にできてしまう赤い、痛いできもの、フィステルができてしまう原因について見ていきます。

フィステルができる原因は、歯の根元に膿がたまること。

歯の根元に膿がたまる要因としては、神経、細菌、歯周病が考えられます。

虫歯の治療後に残した神経を残したものの、歯に再生力が残っていないとその神経は死んでしまいます。

もしくは強くぶつけるなどの外傷によって歯の神経が断線してしまい、神経が死んでしまうこともあります。

こうなると、死んだ神経から膿が出て、フィステルのできる原因となります。

次に、歯の根元の治療をした際に、歯医者による消毒が不十分だったり、歯の根本に亀裂が入ったり歯自体が割れている場合、細菌が入り込んでしまうことがあります。

この細菌により歯の根元が侵され、膿が出ることによってフィステルができます。

最後に、歯周病の場合は歯周病菌によって侵された歯茎の膿が溜まることによってフィステルができます。

歯周病が原因の場合には、膿が普通歯周ポケットから出るのですが、何らかの原因で歯周ポケットが閉じてしまっていたりすると、歯周ポケットからではなくフィステルから膿が出るようになります。

歯茎のできものが痛い時の治療法

フィステルが原因で歯茎に赤いできものができてしまい痛い時の治療法は、フィステルの原因となっている歯の根元の膿ができる要因を取り除くことになります。

例えば、感染根管治療と呼ばれる方法で歯の根の中に針金状のやすりを通し、根本や死んでしまった神経を削り落として、根の中を消毒することで細菌を取り除く方法があります。

その他、歯根端切除術と呼ばれる、歯茎側から膿の袋を取り出し、歯の根元を一部取った後に細菌の発生を防ぐ薬を詰める方法もあります。

奥歯の場合など歯根端切除術ができない場合には、抜歯をして膿の袋を取り出すこともあります。

最後に

歯茎にできた赤いできものが痛い時の原因であるフィステルについて、その治療法などをご紹介してきました。

しっかりと治療をして膿を完全に取り除かないと、また再発しやすい環境になってしまいます。

治療をする際には、技術や設備が整った信頼できる歯医者を訪れるようにしてくださいね。

【スポンサードリンク】