世の中にはいろんな蜂がいますが、黒い蜂を見たことはありませんか?

黒い蜂の中にも大きいものと小さいものがいますね。

大きい蜂と小さい蜂は種類が違う蜂なのでしょうか。

黒い蜂にはどんな種類がいるのか、大きい蜂や小さい蜂の種類について調べてみました。

【スポンサードリンク】

大きくて黒い蜂

春先によく見かける、大きくて羽音も大きな蜂は「クマバチ」の可能性が高いです。

ミツバチの仲間で、花の蜜を求めて飛んでいることが多いです。

体も大きく、羽音が大きいので、近くに飛んでくると驚きますよね。

しかし、クマバチはめったなことでは攻撃はしてきません。

刺激を与えなければ人間に危害を加えることはないので安心してください。

クマバチでない大きな黒い蜂と言ったら、「クロマルハナバチ」という可能性もあります。

体は大きく黒いですが、お尻の先が黄色いのが特徴です。

こちらもミツバチの仲間ですので、やはりあまり危険な蜂ではありません。

クマバチやクロマルハナバチのような蜂を見つけたら、刺激しないでおきましょう。

クマバチは音にびっくりしますが、騒いだり攻撃したりしないでくださいね。

害はないともいわれていますが、クマバチのメスには針がありますので、刺される可能性はゼロではありません。

もし刺されてしまったら病院に行くなど治療はするようにしてください。

それでも基本的には危険ではない蜂だと思って大丈夫です。

【スポンサードリンク】

小さくて黒い蜂

蟻のように小さくて黒い蜂がいます。

「コバチ」という蜂ですね。

体調は数mm程度で、一見蜂には見えないほど小さいですが針もあります。

コバチは動植物に寄生して生きている蜂です。

虫などを捕食して生きていて、人間を襲うことはありません。

コバチ以外に、「アリガタバチ」という蜂も小さくて黒いです。

名前の通り、蟻のように小さいです。

このアリガタバチも寄生型の蜂になります。

アリガタバチは人を刺すことがあります。

針に毒はないと言われていますが、刺されるととても痛いです。

赤くはれたり、かゆみを伴うこともあるようです。

ひどいときは水ぶくれができたりミミズばれになることもあります。

緊急に病院へ行く必要はないですが、刺された後の状態によっては病院に行ったほうがいいでしょう。

蜂に刺された時の注意

いくつか蜂を紹介しましたが、今回紹介した蜂は基本的には毒を持たない蜂でした。

しかし、これらの蜂だと思っていても、もしかしたら似ている違う蜂かもしれません。

蜂に刺されて危険なのは、アナフィラキシーショックを起こすことです。

ショック状態になれば、呼吸困難になったり、最悪死に至ることもあります。

刺されて15分以内に症状が出ると言われていますので、蜂に刺されたときは素早い処置が必要です。

針が体に残っている場合は針を取り除き、出来れば水で流すなどしたほうがいいです。

救急車を呼んで、早く病院へ向かうようにしてください。

刺されないように予防することも大事です。

蜂の気配がしたら、慌てずにゆっくり行動します。

黒色は蜂を刺激しますので、髪の毛などは隠したり、服が黒でしたら脱いで逃げます。

巣を刺激しないことも大事ですので、とにかく速やかに離れましょう。

蜂から身を守るには、蜂を刺激しないのが一番です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

黒くて大きい蜂、小さい蜂について調べてみました。

いろんな種類がいますが、基本的には毒はないのでそこまで心配はいりません。

黒い蜂だけでなく、どの蜂も基本的には刺激しないでください。

刺されたら楽観しないで病院へ行きましょう。

参考になれば幸いです。

【スポンサードリンク】