牛乳にはカルシウムだけでない栄養成分が豊富に含まれていることをご存知でしょうか?

今回は私たちの食生活にある身近な牛乳に含まれるカルシウムの他、栄養成分を調べてみました!

ぜひ参考にしてみてくださいね!

【スポンサードリンク】

牛乳の栄養成分はカルシウムだけじゃない!

牛乳の栄養成分って代表的なものはカルシウムですよね?

牛乳にはカルシウムだけでなく、たんぱく質、脂質、炭水化物、ビタミン、ミネラルなどがバランス良く配合されていて、しかも体に吸収しやすい状態になっているのです!

カルシウムは特化して高い栄養成分になります。

さらに牛乳には人が体内で作ることのできない8種類の必須アミノ酸が含まれ、その中でも特に、リジンが豊富に含まれています。

また、筋力アップでよく使われているプロテインの原料は牛乳なんです。

【スポンサードリンク】

牛乳の栄養成分の健康効果

牛乳を代表する栄養成分のカルシウムは体内で吸収されにくい栄養素とされていますが、牛乳に含まれる「乳糖」、「ガセインホスホペプチド」という栄養成分が、「カルシウム」の吸収率を助けるといわれています。

「カルシウム」は歯や骨を形成する成分で現代人は不足しがちなので積極的にとっていきたいですね。

他にも牛乳には、リラックスに必要な「セロトニン」というホルモンを生成するための「トリプトファン」がたくさん含まれていることから、安眠効果があるともいわれています。

先ほども説明した牛乳に含まれる「カリシウム」が気持ちをしずめる効果があるため、相乗効果されることにより、安眠効果が期待できるのです。

「セロトニン」はイライラを軽減したり、ストレスを解消する効果もあるそうです。

さらに牛乳には、「ラクトフェリン」という、糖タンパク質の一種の栄養成分も含まれています。

「ラクトフェリン」には、鉄分の吸収を高め、腸内環境を整え、免疫力を高める効果があります。

牛乳に含まれる成分は栄養だけでなく、精神や免疫力にも効能があるんですね。

牛乳の栄養成分はダイエットにも良い

牛乳の栄養成分はダイエット中にもとても良いです。

ダイエット中は栄養が不足しがちですし、ダイエットなどで栄養が偏ったりすると痩せるべきでない骨や筋肉が痩せてしまいます。

牛乳にはカルシウムやたんぱく質、ミネラルなどが豊富に含まれていますのでダイエットのサポートに飲用してはいかがでしょう?

ただし牛乳は高カロリー飲料です。

コップ一杯はコーラよりも高カロリーなので、沢山飲用するのはダイエットには不向きかもしれません。

しかし、そんな高カロリーな牛乳は他の飲料に比べて、腹持ちが良くダイエットに向いているのです。

ダイエット中の方には、通常の牛乳よりも、カロリーを抑えることができる低脂肪牛乳がおすすめですよ!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

牛乳の栄養成分は代表的なカルシウムはもちろん、他にもいろいろ良い成分があることが分かりましたね。

気軽に飲める牛乳ですが我々日本人は大人になるとだんだん牛乳の成分の乳糖を分解しずらくなるそうです。

そのせいでお腹がゆるくなったり、腹痛を起こすこともあるそうですが、温めて飲んだり、少しずつ飲むことで体の中で乳糖分解酵素が増えていくそうですよ。

牛乳をうまく取り入れて健康的な生活を送ってみてはいかがでしょうか?

最後までお読みいただきありがとうございました。

【スポンサードリンク】