スーパーでよく見かける三温糖とグラニュー糖。

どちらも同じ砂糖ですね。

でも、同じ砂糖だけど、何が違う!

グラニュー糖は一般的な料理や飲み物の砂糖として使われるけど、三温糖は何に使うのでしょうか?

と、不思議に思ったことはありませんか?

料理の得意な方は、その違いを把握して、使い分けていますが、料理はちょっとという人は、グラニュー糖ばかりを使っていることでしょう。

とりあえずどんな砂糖でも甘くなればいいやと思っている人も多いことでしょう。

でもやっぱり三温糖の用途は何か、どんなものの代用になるかが気になりますね。

私もそんなずっと疑問を抱えてきました!

ここでは特徴や代用方法について調べてみました。

よかったら参考にしてみてくださいね。

【スポンサードリンク】

グラニュー糖と三温糖の違い

グラニュー糖はサラサラとした細かい粒子の砂糖の事で、世界では砂糖と言ったらこのグラニュー糖の事を言います。

ショ糖から不純物を取り除き、再結晶化された砂糖で、純度は砂糖の中でも最も高く、味はさっぱりしていて、甘さとコクが控えめです。

グラニュー糖は溶けやすいので、コーヒーや紅茶などの飲み物によく使われる外、淡白でクセが無いことや焦げ付きにくいことから、ケーキなどのお菓子作りにも適しています。

三温糖はしっとりとしている薄茶色の砂糖です。

上白糖・グラニュー糖を作った後の糖液から作られ、数回の加熱を経てカラメル成分が形成されるため、薄茶色になるのです。

三温糖と言うのはこの加熱を数回繰り返すことからきているのです。

甘みはとても濃厚で、独特の風味があり、煮物や佃煮によく使われています。

【スポンサードリンク】

絶対にグラニュー糖でないといけないのか?

結論から言うと、どちらも砂糖の代用になります。

ただし、上でも述べているとおり、甘さや感触それぞれ違いがあるので料理の仕上がりには違いが出ます。

例えば、同じ焼き菓子でも、グラニュー糖を使った場合はさっくりした仕上がり、水分がグラニュー糖よりも多い三温糖・上白糖はしっとりした仕上がりになります。

また、グラニュー糖を使った場合はあっさりとした甘みとなり、三温糖だと上白糖を使った時よりも濃厚な甘みになります。

そしてそれらから実に様々な形状の砂糖が出来ます。

超簡単にその違いを言うと、

上白糖(いわゆる白砂糖)は、精製した砂糖。
グラニュー糖は上白糖からさらに精製し、転化糖を除いたもの。

原材料に近いほど、ミネラルや蜜が多く濃い味がします。

精製されたグラニュー糖はさっぱりしているのです。

また白砂糖に含まれる転化糖は、しっとりさせる役割があります。

だからグラニュー糖はさらさらで、白砂糖はなんかいつも固まっているわけです。

代用した場合について

グラニュー糖の代用として三温糖というお砂糖を使っても大丈夫なのかということについてですが。

お菓子づくりで何がレシピを見て作っているなら、代用ではなく指定の材料で作る方がいいです。

極端に変わることはないですが、質感や色や香りがかわります。

グラニュー糖は一番精製度が高く、三温糖は一番低いです。お菓子づくりよりも煮物や佃煮向きの砂糖です。

グラニュー糖はさっくりした仕上がりになります。

上白糖はしっとりした感じです。

軽く仕上げるものはグラニュー糖はしっとり系、重めの生地は上白糖が良いと思います。

冷やすタイプのお菓子は雑味がないグラニュー糖があいます。

でも上白糖や風味のあるブラウンシュガーでもうまくできますしそれはそれでおいしいと思います。

みなさんの生活が少しでもストレスフリーになれば幸いです。

【スポンサードリンク】