夏になるとグレープフルーツが食べたくなります。

グレープフルーツの栄養にはどのような効果と効能があるのでしょうか?

今日はグレープフルーツの栄養価とその効果、効能をしっかり調べてみました。

是非参考にしてみてください。

【スポンサードリンク】

グレープフルーツに含まれる栄養

グレープフルーツと聞くと甘酸っぱい夏にとれる果物だということが頭に浮かびます。

最近の研究ではグレープフルーツがダイエットに効果的であるということがわかり、需要も増えています。

ではグレープフルーツにはどんな栄養が含まれているのでしょうか?

ビタミンC、クエン酸、リモネン、食物繊維、ナリンギン、ナイアシンなどがグレープフルーツの栄養素です。

これらの栄養素は現代人の生活の中でも欠くことができない栄養素です。

では具体的な効果、効能とはどんなものでしょうか?

【スポンサードリンク】

グレープフルーツの効果と効能

ビタミンCは肌をきれいにする効能があり、風邪を予防する効能があります。

グレープフルーツを半分食べるだけでも一日に必要なビタミンCを補うことができます。

クエン酸は疲労回復に効果があります。

グレープフルーツを食べたときに酸っぱいと感じるのはこのクエン酸のためです。

グレープフルーツに含まれるリモネンという栄養素にはダイエット中のイライラを解消するほか、脂肪燃焼の効能があります。

リモネンにはほかに育毛の効果もあります。

このリモネンという成分がグレープフルーツの匂いのもとにもなっています。

食物繊維やナリンギンにもダイエット効果があり、特に食物繊維は体内のいらなくなった毒素を外に出す効能があります。

ナリンギンはグレープフルーツの苦みの成分で、脂肪分解に効能があると言われています。

食物繊維は腸内で膨らみ腸壁のいらなくなったものと一緒に出されます。

ダイエット中以外でも毎日とりたい栄養素の一つです。

またナリンギンには抗酸化作用もあるので、がんも予防する作用があるようです。

ナイアシンは2日酔いに効果があります。

朝起きて一個食べると二日酔いが治ります。

このようにたくさんの効能があるため、問題がなければグレープフルーツを一日一個食べることをお薦めします。

食べ方もジュースなどに加工されているものよりも丸ごと生を食べるのがお薦めな食べ方です。

ただグレープフルーツを食べてはいけない人もいる

高血圧症を薬で治療している人はグレープフルーツを食べてはいけません。

グレープフルーツに含まれる「ナリンギン」という成分が高血圧症の治療薬の成分を血中で濃くするため、副作用がおこるとされているからです。

ほかにもアレルギー性鼻炎や睡眠薬を飲んでる方は、薬によってグレープフルーツを食べてはいけない場合があるので、医師に食べていいかどうかを
聞くことをお薦めします。

最後に

いかがでしたか。

グレープフルーツはおいしいだけでなく、栄養もたっぷり含まれているということがわかりました。

最近はよく出回っていて手に入りやすいので、是非毎日の食生活の中に取り入れたいものです。

【スポンサードリンク】