夏場になるとグレープフルーツが食べたくなります。

ほろ苦く、酸っぱい味がたまりません。

ただダイエットをしている方にとっては、グレープフルーツが食べてよい食品か、1個当たりのカロリーが高いどうか気になるところです。

今日はグレープフルーツの1個当たりのカロリー、グレープフルーツの概要、栄養評価を追求し、紹介していきます。

是非参考にしてみてください。

【スポンサードリンク】

グレープフルーツの1個当たりのカロリーは

グレープフルーツの1個当たりのカロリーは

グレープフルーツの100g当たりのカロリーは38キロカロリーで、1個当たりのカロリーは約80キロカロリーとなっています。

ほかグレープフルーツにはビタミンCが豊富で1個食べれば一日のビタミンC摂取量をとることができます。

カロリーも低く毎日食べることによってダイエットに効果的な果物だと言えます。

朝食にグレープフルーツと他に何か一緒に食べるとダイエットに効果的なようです。

食べ方もジュースなどに加工をするよりも丸ごと1個豪快に食べるようにするのがお薦めです。

また食べすぎることによっておなかの調子も悪くしてしまうこともあるため、摂る量には気を付けてください。

【スポンサードリンク】

グレープフルーツの由来と歴史

グレープフルーツがたわわになる姿が葡萄に似ていることからグレープフルーツという名前が付けられたそうです。

グレープフルーツの歴史は300年にわたり、当初は西インド諸島のバルバドス島で誕生したそうですが、その後1830年代にアメリカのフロリダにわたり、その後栽培が続けられていったそうです。

季節的には11月から6月が時期で、品種も一般的に見られるマーシュという品種や、赤い果肉が美しいルビーなどが出回っています。

グレープフルーツにはビタミンCのほかにも

抗菌作用があり、風邪などに効果があるビタミンCをたっぷり含むグレープフルーツですが、ほかにもグレープフルーツに含まれる食物繊維やカリウムによって、老廃物を日出する働きもあるため、デトックスにも効果的です。

ビタミンCの効果で疲労回復にもよいとされ、肌荒れも防ぐとされています。

香りの成分「リモネン」もダイエットに良いとされています。

交感神経を刺激するため血行促進やエネルギー代謝が高まるため、ダイエットに効果的です。

グレープフルーツを食べてはいけない人もいる

高血圧症等で薬の治療をしている方はグレープフルーツを食べてはいけないことになっています。

「ナリンギン」というグレープフルーツの成分が高血圧症の治療薬の成分を血中で濃くするため、副作用がおこるとされているからです。

またアレルギー性鼻炎や睡眠薬を飲んでいる人にも副作用があるようなので、お薬を飲んでいる場合はグレープフルーツを食べてよいかどうかを聞く必要があります。

最後に

いかがでしたか。

グレープフルーツは低カロリーでダイエット中には是非取り入れたい食物だということがわかりました。

毎日グレープフルーツを食生活に取り入れていきたいものです。

【スポンサードリンク】