皆さん、自分の名前のハンコをお持ちだと思いますが、種類を把握している人はどれくらいいるでしょうか。

特に銀行印や実印の違いが判らない人も多いのではないでしょうか。

銀行印や実印は、それぞれ使い道がありますね。

それぞれの違いは一体なんでしょうか。

また、銀行印と実印は一緒にしないほうがいいと言われていますが、一緒にしないほうがいい理由は何でしょうか。

銀行印と実印の違いや一緒にしないほうがいい理由を調べてみました。

【スポンサードリンク】

銀行印って何?

銀行印とは文字通り、銀行で使います。

詳しくは、銀行で口座を作るときに必要なハンコになります。

口座を作るだけでなく、窓口で自分の口座からお金を引き出すときにも銀行印は必要です。

口座を作った時に登録した銀行印でしか窓口でお金をおろすことはできません。

つまり、銀行印はとても大切なハンコなんですね。

【スポンサードリンク】

実印って?

それでは実印とは何でしょう。

実印はハンコの中でも一番と言ってもいいくらい大事なハンコです。

なぜ大事なのかというと、実印は法的な効力があるからです。

実印は、使えるようになるには役場で登録をする必要があります。

自分が住民登録をしている役所で印鑑登録をして、初めて法的な効力のあるハンコになります。

登録した際には、証明書も出ます。

実印と同じく、証明書も非常に大事です。

法的な効力があるとは、簡単に言うと、実印はあなた自身を証明するハンコだということです。

想像したくないことですが、あなたの実印を使えば、他人でもあなたになりすますことができてしまいます。

自分だという証明、自分の権利を守る、それが実印です。

ちなみに、婚姻届けや離婚届を出すとき、また様々なローンを組む際にも実印を使用します。

どれだけ大事なハンコか分かっていただけたでしょうか。

銀行印と実印を一緒にしてはいけない理由は?

二つのハンコがそれぞれ大事だというのは分かっていただけたと思いますが、この二つを一緒にしている人はいませんか?

大事なハンコだから一緒にしたほうがいいと思う人もいるでしょうが、これは非常に危険です。

なぜ銀行印と実印を一緒にしてはいけないのか。

たとえば盗難被害にあったとします。

二つのハンコを一緒にしている場合、銀行では登録してある銀行印の変更手続きが必要になります。

また、実印として登録してあるものも廃止などの手続きが必要になります。

これらは非常に手間がかかり、大変な作業です。

そして一番怖いのが、盗難されたハンコを悪用される可能性があることです。

銀行で不正にお金を引き出されたり、重要な書類にあなたの代わりにハンコを押されてしまうかもしれません。

銀行でも重要な書類などでも、銀行印と実印を一緒にしていた場合すべてが危険にさらされます。

こういうリスクがあるので、銀行印も実印も分けて作っておくほうがいいのです。

大事なハンコだからと一緒にしないで、分けておいてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

銀行印と実印の違いと、一緒にしてはいけない理由がお分かりいただけたでしょうか。

銀行印は金融機関で大事なハンコです。

実印は法的な効力を持つハンコです。

どちらも大事ですが、一緒にするリスクが高いことがお分かりいただけたと思います。

参考になれば幸いです。

【スポンサードリンク】