げっぷが出そうで出ない時は、とても苦しいものです。

げっぷが出そうで出ない膨満感や喉がつまったような違和感が続く人は、胃腸が弱っていたり、呑気症と言う病気が隠れていたりすることもあるんですよ。

今回はげっぷが出ない時どうするか、対処法を調べてみました。

ぜひ参考にしてみて下さいね!

【スポンサードリンク】

げっぷが出なくて苦しい!原因は何だろう?

そもそもげっぷはどうして起こるのでしょうか?

食べ過ぎたり、したときに出るげっぷ以外の原因は、まだはっきりと解明されていないそうです。

精神的なストレスや不規則な生活、過労などで自律神経が乱れ、胃の働きが低下したり、胃酸の刺激に敏感になったりすることで起こると考えられています。

また呑気症と言って、通常呼吸で吸い込む空気とは別に、空気を飲み込んでいるために起こる病気があります。

胃腸の運動機能低下と同様に、空気が体内に溜まってしまうのです。

これらを引き起こしている一番大きな原因は、ストレスです。

げっぷが出そうで出なくて苦しいのはこれも原因かもしれません。

【スポンサードリンク】

げっぷが出ない時の対策

げっぷが出ないと苦しいですが、少しでも出すことができれば、体が楽になりますよね。

一時的な症状であれば良いのですが、この状態が長く続くようであれば、注意が必要です。

胃腸の運動機能が低下すると、体内にガスが溜まっていきます。

この状態が胃腸の膨満感を引き起こし、げっぷとして体内に溜まったガスを排出しようとします。

しかし、出そうで出なかったりなど、これが上手く排出されないことによって、喉のつまりなど、喉の違和感を覚えるなどの症状を引き起こしてしまいます。

主に対策としてはげっぷの出る原因を治します。

整腸剤や健胃薬、消化薬や、制酸薬などを服用すること。

ただし、しっかりと医師に診てもらい、症状にあったものを選んでもらいましょう。

むやみに自己判断で薬を利用するのは大きな病気の発見の遅れにつながることもあるので注意が必要です。

食生活や食事方法の改善も必要です。早食いや胃に負担のかかる食事はいけませんね。

また、呑気症のようなストレスが原因の場合、ストレスの発散や原因の改善がみられないと、またすぐに苦しくなってしまいます。

運動や趣味を作り、ストレスを発散させる方法をみつけましょう。

げっぷは大きな病気がかくれていることもある

食べ過ぎた時や胃腸の働きが悪くなって起きるげっぷと違う、げっぷが症状のひとつとしている病気があります。

げっぷが出なくて苦しい時は病院で診てもらうことも考えても良いと思います。

病気が原因のものは以下のような病気が考えられます。

胃の内容物が十二指腸へ移動するのを妨げる「幽門狭窄症」の場合

胃のアトニー、胃下垂

胃潰瘍、十二指腸潰瘍、逆流性食道炎で胸焼けした場合

腹圧上昇による「食道裂孔ヘルニア」の場合

肝臓など他の臓器の影響の場合

などです。

あくまでもげっぷだけで判断することは難しいですがこのような病気もあることを知っておいて下さいね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

げっぷが出そうで出ない苦しさを味わったことがある人!

まず胃腸の働きを正常にすることと、食事方法や食生活の見直しをしたほうが良いことがわかりました。

ストレスなどで引き起こされる症状でもありますので発散方法も工夫していきたいですね。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

【スポンサードリンク】