にんにくに含まれる栄養価の効果・効能といえば、なんといっても滋養強壮。

スタミナ料理に欠かせないにんにくは、疲労回復効果やダイエット、アンチエイジングなど、魅力的な効果効能がぎっしり詰まっています。

「良薬口に苦し」なんて言いますが、にんにくはまさにその通りで、生食では辛みが強くにおいも強烈でとても食べられるものではありません。

しかし、ひとたび加熱することで、食欲をそそる香ばしいかおりとホクホク食感がくせになるおいしさに!

そこで気になるのが、加熱すると栄養が落ちないかどうかではないでしょうか?

魅力的な栄養がたくさん詰まっているにんにくは、加熱しても栄養を少しも損なうことなく体に取り入れたいものです。

にんにくが持つ栄養素とその効果を調べたら、にんにくの魅力がさらに分かりましたよ。

最後まで読んだら、口臭なんて気にしない!と、にんにくを食べたくなってしまうかもしれません!

【スポンサードリンク】

加熱しても壊れない!にんにく栄養主成分のアリシンの効果と効能

にんにくの主な栄養素は硫化アリルの一種「アリシン」という物質です。

疲労回復効果があるビタミンB1の吸収を助け、滋養強壮の効能がとても有名。

日ごろの生活で溜め込んだ、ストレスや紫外線などによる細胞の酸化に効果的に働きかけてくれるそうです。

ニンニクに含まれるアリシンは加熱してもその栄養効果や効能は失われず、逆に油に溶けると体内に吸収されやすい性質があるようなので、加熱料理は調理方法としておすすめ。

ペペロンチーノなど、オリーブオイルと一緒に調理するのは、まさにベストマッチなんですね。

ちなみに、あの独特なにおいの原因もこのアリシンが犯人。

生食よりも加熱したほうが、このアリシンによる口臭が抑えられるそうですよ。

【スポンサードリンク】

スタミナアップだけにあらず。美容効果抜群の栄養価が見逃せない

アリシン疲労回復だけでなく、高い抗酸化作用が美容に効果的なことも見逃せません。

さらには新陳代謝を促す「スコルジニン」という栄養素も豊富なにんにく。

スコルジニンが新陳代謝をたかめて、アリシンとの相乗効果も抜群、アンチエイジングの高い効能を期待できます。

また、栄養ドリンクにも配合されているる「アルギニン」も、にんにくが持つ高い栄養価成分のひとつ。

成長ホルモンの分泌を効果的に促進しホルモンバランスを正常化する効能があります。

口臭なんて気にしない!丸ごと食べられる簡単ニンニクレシピ

にんにくの一般的な調理方法といえば、スライスにんにくをオリーブオイルで加熱するスパイスとしての利用方法。

ペペロンチーノのパスタなどが代表的ですが、口臭が気になる人も多いのでは?

もしもあなたが「口臭なんて気にしない!!」と、魅力的なにんにくの効果効能を存分に取り入れたいなら、いっそのことにんにく丸ごとを加熱した主役級料理に挑戦してみてはいかがでしょうか。

さまざまなうれしい効果効能を期待できる「アリシン」は、にんにくの臭い成分。

このアリシンはすりおろしたり刻んだりすることで臭いが強まるので、丸ごと食べることでほんの少し口臭対策になるかもしれません。

丸ごと一個ごと(しかも薄皮を付けたまま)電子レンジで3分加熱してアルミホイルにくるんでトースターで10分程度焼けば、簡単にホクホクにんにくが楽しめます。

ただし、口臭は覚悟が必要ですよ!

まとめ

疲労回復にスタミナアップ、アンチエイジングまでにんにくが持つ栄養素の効果効能は魅力的。

口臭は気になるけれど、ぜひ積極的に取り入れたい食材です。

残念ながらネックの口臭は決定的な解消方法が見つかりませんが、毎日少量ずつ摂っていけば、気にならないかもしれません。

食べておいしい!身体にうれしい!にんにくと上手に付き合っえたらいいですね。

【スポンサードリンク】