眼球が腫れてかゆみがあってお困りの方!

原因も分からず、ついついこすってしまいがちですが、眼球に腫れとかゆみがある場合、こすってしまうのは厳禁です。

眼球が腫れ始めたのはいつからですか?かゆみが出たのはいつからですか?

まずは原因を解明して、正しい治療をしなくてはならないかもしれません。

今回は、そんな眼球の腫れとかゆみでお困りの方の原因についてのお話です。

【スポンサードリンク】

その眼球の腫れとかゆみはいつからですか?

眼球の腫れとかゆみの原因を解明するためには、いつからなのか、そしてあなたがどのような因子を持っているかを知る必要があります。

あなたには以下のような特徴はありませんか?

①コンタクトレンズをしている。
→コンタクトレンズが汚れたまま長時間使用をしてはいませんでしたか?
風が強い場所で、眼球にゴミや埃が入った状態でコンタクトをしてはいませんでしたか?

②アレルギーを持っている。(自分はなくても、家族にアレルギー持ちの方がいる)
→アレルゲンを摂取してはいませんか?
動物に触れる機会や、動物を飼っている方との接触はありませんでしたか?
公園や緑が多い場所で過ごしてから眼球の腫れやかゆみが出てはいませんか?

このような方たちの場合、目の腫れとかゆみを呈しやすい因子を持っていると言えます。

それでは、次にそれがどのように眼球の腫れやかゆみを引き起こすのか詳しい原因を解明していきます。

【スポンサードリンク】

眼球が腫れてかゆみを引き起こす原因とこすってはいけない理由

では、眼球は何故腫れてかゆみが引き起こされたのでしょうか?

コンタクトレンズをしている方で、長時間コンタクトレンズを着用していた場合、多くの雑菌を眼球の中にとどめておいたまま過ごしていることになります。

何かの拍子に眼球を触ったりしただけで、手や顔の周りにいる黄色ブドウ球菌などが入ってしまいます。

そうした時、上瞼や下まぶたの腫れとかゆみや、目の充血や、ひどいと目がぶよぶよと膨れ上がってしまうことがあります。

この菌はよく「ものもらい」と呼ばれる目の腫れの原因なる菌です。

ですが、ひどくなると結膜炎を引き起こし、そのまま白目の下に水が溜まって浮腫を起こす「結膜浮腫」の原因にもなる可能性があるのです。

また、アレルギーを持っている方の場合、この結膜浮腫を引き起こしやすくなる原因因子をお持ちの方が多いです。

というのも、アレルギー性結膜炎をお持ちである場合が多く、なんらかのアレルギー反応と眼球をこすったことによる刺激で眼球浮腫を引き起こしている可能性があります。

眼球の腫れがこのような原因によるものの場合、コンタクトレンズをしている方もアレルギー症状をお持ちの方も、まずはかゆみが先行してきます。

どちらにしても、こすってしまうことで悪化させたり助長させてしまうので、こするのは厳禁です。

最後に

結膜浮腫は、ご紹介したような原因の場合はかゆみがまずは先行し、今までに見たこともないような眼球(結膜:白目)の腫れを呈します。

最初はかゆみだけかと思ったら、突然眼球が腫れてくるため、とても驚かれる方がほとんどです。

眼球の腫れは自然と軽減する場合がほとんでですが、まずは水でしっかりと目をすすいで様子をみてください。

そして、結膜炎を呈していることが考えられるため、水ですすいだら病院へ行きましょう。

一刻も早くあなたの眼球の腫れが引き、結膜炎も良くなることを願っています。

【スポンサードリンク】