眼球というのは、普段ほとんど触れることがありませんよね。目がゴロゴロして充血もしていて、そんなところに突然できものができていたら大変不安だと思います。

今日は充血や眼球にできものができる病気について調べてみました。ぜひ参考にしてみてくださいね。

【スポンサードリンク】

眼球に充血してできものが出来る病気

眼球が充血してできものができてしまう理由は何なのでしょうか?

病気の可能性があります。翼状片(よくじょうへん)や瞼裂斑(けんれつはん)などの病気は充血し、眼球にできものができたように見えることがあります。

翼状片とは、白目が黒目の上に伸びてきてかぶってしまう病気です。できものができたように見えたりもします。伸びた白目が翼のように見えるので翼状片と呼ばれているそうです。

症状が小さいうちはあまり気づかないかもしれません。大きくなってくると充血や角膜の変形、角膜の濁りなどの原因となります。充血や異物感などの症状を感じることもあるようです。

紫外線やほこり、逆さまつげなどによる刺激が原因と言われています。放置してもあまり問題はありませんが、充血や異物感などの症状がひどくなった場合には点眼薬などを使って治療を行います。

瞼裂班は、白目上が一部盛り上がり、透明もしくは黄色っぽく盛り上がり、充血します。これも紫外線やハードレンズの刺激等で、症状が出ます。

充血はこの場合完治しません。巨大化し黒目に進入してこなければ特に治療などは行いません。

【スポンサードリンク】

眼球にできものができる病気は他にもある

白目にゼリー状のものができてしまった場合には結膜浮腫(けつまくふしゅ)や結膜嚢種(けつまくのうしゅ)などの病気である可能性も考えられます。

これらは角膜に傷ができてしまった場合です。角膜は本来透明な組織なのですが、そこに濁りができてしまうこともあります。

黒目の中の白い濁りがあったら角膜に傷がついてそこから何らかの感染や炎症を起こしている場合があります。
炎症を起こすと充血も起こります。

特に、コンタクトレンズを使っている場合にはこの症状が出やすいと言われています。このような症状を発見したときには、すぐにコンタクトレンズの装用を中止して眼科医の診断を受けるようにしましょう。

特に眼球が充血する病気

充血の症状では結膜炎などがあります。これは細菌性やウイルス性、アレルギー性など種類があります。結膜が炎症を起こして赤くなります。炎症の原因別に抗生剤や抗菌、抗アレルギー剤などで炎症を抑えて治療します。

また目が真っ赤になる結膜下出血というものもあります。白目の血管が破れて結膜と強膜の間に出血してしまうものです。

症状が軽い場合には点状の出血となっている場合もありますが、ひどい場合には白目全体が真っ赤になってしまうこともあります。多少の異物感はあるものの、痛みやかゆみを伴うことはまずないと言われています。はっきりとした原因は不明です。

結膜下出血の治療は特に必要なく、1~2週間から長くて1ヶ月程度で自然に吸収されていくようです。特に心配するような病気ではありませんが、怪我に伴う出血の場合や長引いている場合には診察を受ける方が良いようです。

まとめ

いかがでしたか?

眼球にできものができたり、充血する病気について調べました。何事も自己診断は禁物です。目はとても大切ですし、きちんと眼科で診てもらって下さいね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

【スポンサードリンク】