ガムで効果的に顎を鍛えると、なんと顔がきゅっと引き締まり小顔効果が期待できるというのしっていますか?

日常の生活にガムを取り入れるだけで顎の筋肉を効果的にエクササイズでき、その結顔全体のラインをスッキリ引き締める効果が実感できるそうです。

ご存じのとおり、私たちの食生活は昔の日本人と比べると、硬くて食べごたえのある食べ物が極端に少なくなり、それに伴って顎を使う機会も減少していますよね。

そんな顎の運動不足を、効果的に解消すると注目を浴びているのが、ガムです。

日本チューインガム協会のホームページによると、おおよそ10グラムの食事をかんで飲み込むまでの回数は、ソバが15回、ご飯が41回であるのに比べ、ガムはなんと550回!

実にご飯の100倍に当たる回数をかんでいることになり、この実験結果を見ても普段の生活にガムを取り入れるだけで効果的な顎の運動になることが納得できます。

顎を効果的に鍛えシワやたるみの改善が期待できるガムの効果について、調べてみましたよ。

【スポンサードリンク】

ガムが顎のエクササイズに超効果的な理由

昔の人に比べて、私たちの顎は小さくコンパクトになり、まるでホームベースや逆三角形のような顔の形に変化してきているといわれています。

顎が小さくなってしまった理由はの一つは、食生活が柔らかい食べものに偏り顎を使う機会が減ってきているからだとか。

顎を使ってよくかむことは顎の骨や筋肉の発達に効果があり、引き締まったフェイスラインを作り上げるそうですよ。

そこで顎を日常的にしかも効率よく動かすことができるとして注目を集めているのが、ガム。

顎を使いかむ習慣が身についていない最近の私たちにとっては、日常的にガムを食べつづけることで、効果的かつ簡単に顎の運咀嚼を行うことができるというのです。

【スポンサードリンク】

顎の筋肉を使わないと顔がたるむ?!

私たちの食生活で顎を使うことが少なくなってしまいましたが、では顎の筋肉を使わないと顔にはどのような影響が出てくるのでしょうか。

使う機会が減った顎の筋肉は次第に固まり、血液の循環が悪くなるだけでなく柔軟に動かすことができなくなります。

これは、運動不足で腰や肩が凝り固まってしまう、肩凝りや腰痛とと同じですね。

顔や顎の筋肉でこの現象が起きてしまうと、表情が乏しくなり、血色が悪く暗い老け顔に見えてしまう原因になってしまうそうです。

小顔効果も?ガムで鍛えられる顔の筋肉とは

顔のたるみは、肌の老化だけが原因ではありませんよ。

むしろ、表情を作り出す筋肉が大きな影響を持っているます。

顎を動かすことで鍛えられる筋肉は、まさにこのたるみに大きな影響を及ぼす表情筋。

口を開ける「外側翼突筋(がいそくよくとつきん)」、下あごを上に持ち上げる「咬筋(こうきん)」、下顎をキープする「側頭筋(そくとうきん))、これらはすべて顔の表情を作り出し、かつ顎周りのたるみを上に引き上げる機能を持っています。

食べ過ぎ注意!ガムのデメリットもおさえておこう

こんなにステキなメリットずくめのガムですが、食べすぎは禁物!

ガムの食べ過ぎが顎に与える悪い効果も、おさえておきましょう。

ガムを長時間にわたってたくさんかみすぎてしまうと、顎関節や頭痛(特にこめかみ部分)に鈍痛のような重い痛みが走ることがあります。

これは急激な運動による筋肉痛や関節を痛めてしまうのと同じ現象で、炎症を起こしてしまている可能性が。

運動不足の人が急にスポーツをして、関節や筋肉を傷めてしまうのと同じですね。

また、手に右きき左利きがあるようにかむ動作にも左右の利き側があり、自分では意識していなくても左右どちらか片方ばかりに偏ってかんでしまうのも要注意。

左右の筋肉や顎の関節が歪んでしまう可能性があります。

虫歯や口内炎がある場合も、かばって反対側ばかりでかんでしまうこともあるので、意識的に左右均等にかむよう心掛ける必要があります。

まとめ

フェイスラインのたるみや、しわ、ほうれいせんは、年齢を重ねることに悩みが深くなるお顔のトラブルといっても過言ではありません。

しかしその悩みの原因、実はお肌のエイジングトラブルではなく、顔の筋肉が原因かも。

高級な化粧品やエステを利用する前に、ガムを習慣に取り入れてみると改善が期待できるかもしれません。

ガムなら1日ワンコインで購入できて、お手軽さも魅力的。

食欲を抑えリラックス効果もありメリットばかりのガムを、ぜひ積極的に取り入れて小顔を目指してみましょう。

【スポンサードリンク】