布団にカビが生えていた場合の落とし方や除去、対策法とは?

気が付けば布団にポツポツと黒ずみが…。

皆さんは、布団にカビが生えていたことはありませんか?

特に湿気の多くなる梅雨の時期や布団が干せなくなる冬場など、気を付けていてもどうしてもカビが生えてしまうことがあります。

そんな時は、どのようにカビを落としたら良いのでしょうか?

今回は、布団のカビの落とし方、カビを除去するための対策をご紹介しましょう!

【スポンサードリンク】

布団のカビを除去!カビの落とし方&除去対策とは?【原因】

布団のカビの落とし方と除去対策を考えるためには、原因をつかまなくてはいけません。

どのような原因があるのでしょうか?

まず、部屋の湿度が高いことで、布団にカビが生えてしまう原因となります。

お部屋の中で洗濯物を干していたり、換気が十分できていない場合など、どうしてもカビが発生しやすくなってしまいます。

特に、収納場所である押し入れは特に湿気がこもりやすく、カビが発生しやすい環境なので注意が必要です。

また、布団から起きた後は敷きっぱなしにしていると湿気が溜まりやすくなってしまいます

寝ている時に出た皮脂、お部屋の湿気を吸い込んだ布団をそのまま放置していると、フローリングの床や畳との間に湿気や結露が溜まりカビが生えてしまうのです。

では、次にできてしまったカビの落とし方と除去するための対策を考えていきましょう。

【スポンサードリンク】

布団のカビを除去!カビの落とし方&除去対策とは?【落とし方】

まず、“布団カバー”にカビが生えてしまった場合の落とし方として、まず洗濯機で汚れを落とすことでカビを除去することができます。

その際、洗剤と一緒にハイターなどの漂白剤も入れることでカビが落としやすくなります。

また、漂白剤につけ置きしておくのも良いでしょう。

次に、厄介な“布団本体”についてしまった場合の落とし方。

ここで注意したいのは、布団本体に漂白剤を使うのはNGということ。

喘息持ちの方には発作を引き起こす恐れもありますので注意が必要です。

では、どのようにカビを除去したら良いのでしょうか?

そこで、布団本体には、重曹アルコールを使用して落とすのがポイント。

①重曹スプレーを吹きかける。

②3分待つ。

③歯ブラシで擦る。

④ティッシュやフキンでふき取る。

⑤アルコール(消毒用)を浸したティッシュやフキンでおさえ、そのまま3分置く。

⑥風通しの良い場所で乾燥させる。

また、この方法でもとれない場合は、専用のカビ取り剤を使用するのも良いでしょう。

それでも取れない場合は思い切ってクリーニングに出すのがオススメの対策法です。

布団を丸洗いすることによってカビは元より汗や皮脂、その他の汚れを取ってくれますのでクリーニング後は清潔な状態で使用することができます。

またこのことによって、カビを発生させないための対策にもなります。

布団のカビを除去!カビの落とし方&除去対策とは?【対策】

さて、カビの落とし方を見てきましたが、いかがでしたでしょうか?

布団のカビを除去にするための対策として、まずは床に敷きっぱなしにしないことが非常に重要です。

布団から起きたら、できるだけすぐに布団を起こして押し入れに収納したり、立てかけておくなどして湿気を逃がすようにしましょう。

また、布団を敷く場合は、スノコの上に敷くことで通気性が良くなります。

ただし、スノコの上に敷いているからといって布団をそのままにせずに、起きたら布団をあげることが大切です。

また、収納場所の押し入れは湿気がこもりやすいので、収納したらすぐ閉めてしまうのではなく、日中は空気がこもらないように開けておくと良いでしょう。

また、除湿剤を入れるなどして押し入れの湿気対策を行いましょう。

布団も、晴れている日はできるだけ外に干すことや、換気や除湿機などを使用してお部屋に湿気が溜まらないように心がけましょう。

皆さんも、日ごろから湿気対策をして、布団にカビが生えないように、カビを除去する落とし方や対策をマスターしましょう!

【スポンサードリンク】