自転車に子供と一緒に二人乗りをするのはいつからがいいのでしょうか?

“子供乗せ自転車”は保育園や幼稚園の送り迎えやちょっとした用事をすませるときにもとっても便利ですよね。

子育て世代にはまさに“相棒”のような存在です。

そんな子供乗せ自転車ですが、具体的にはいつから子供と二人乗りするのがいいのでしょうか?

【スポンサードリンク】

自転車に子供と二人乗りできるのはいつから?

自転車に子供と二人乗りできるのは具体的にいつからなのでしょうか?

実は、いつから自転車に乗せていいかは法律上の特別な決まりはないのです。

そのため、子供の成長スピードによって乗せるかどうか考えなければなりません。

具体的には、首や腰がすわって頭がグラグラせず安定している状態で、一人座りできること…となると、だいたい10か月~1歳ごろを目安に乗せるのがいいでしょう。

とはいっても、まだまだ危なっかしくて乗せられないという方やヘルメットをかぶったときに重そうだなぁと感じるようであれば、もう少し待って2歳ごろから二人乗りをするのがいいでしょう。

【スポンサードリンク】

自転車に子供と二人乗りするときは、いつから“前乗せ”?“後ろ乗せ”?

自転車に子供といつから二人乗りをするのかを考えるとき、まず悩むのは「前に乗せるタイプ」か「後ろに乗せるタイプ」かですよね。

実は、どちらにするのかによって、子供を乗せることができる時期が違ってくるのです。

まず、前乗せ自転車は、メーカーによっても少し違ってきますが、基本的には4歳未満、体重が15キロまでとなっています。

「いつから」ではなく「いつまで」乗れるのかが特に重要になります。

体重が増えてくると、子供を前に乗せることで自転車のハンドル操作が不安定になってきますので、危険を避けるためにも2歳半ごろから後ろ乗せ自転車に変えるのがいいでしょう。

前乗せタイプの自転車のメリットとしては、視界に子供が入るので、子供が今どんな状態かが常にわかっているということです。

そのため、暴れたり何かトラブルが起きたりしても、すぐに対応できるので安心感があります。

また、子供と会話がしやすいので、楽しく二人乗りができるのも魅力です。

しかし、デメリットもあります。

子供が前にいることで、視界が遮られる時があるので、乗る際は前方や周りに特に気を付けなければなりません。

また、雨降りや風の強い時などは子供が前にいる分、子供はもろに影響を受けてしまうので、しっかり雨や寒さ対策をさせることが大切です。

次に、後ろ乗せ自転車の場合ですが、こちらは法律的に6歳未満までと決まっています。

メーカーとしても最大でも体重22キロまでとしているようです。

メリットとしては、子供が雨風をもろに受けないことや、子供を後ろに乗せることで、視界を遮られることなく安全に乗ることができます。

反対に、デメリットとしては、子供が今どういう状況なのかがわかりにくいので子供の状態が気になったり不安になったりすることもあるでしょう。

いつから子供と二人乗り自転車に乗るかは、子供の成長に合わせよう。

子供といつから二人乗りの自転車に乗るかは、子供の成長に合わせて“乗り分ける”ことが大事です。

子供を前に乗せる時期は、後ろに乗せる時期に比べて短いですが、どうしても早くから自転車で子供と二人乗りをしなければならない場合や、子供が小さかったり性格的に落ち着きのない子供をしっかり目で確認しながら乗りたい場合は、安心して乗ることができます。

成長にともない安全に乗ることができるよう、後ろ乗せ自転車に切り替えることは必要となりますので、子供の状態をよく見て、いつからどちらのタイプにするかを考えていきましょう。

子供との二人乗りは、6歳未満までという短い間だけですので、日々素敵な思い出を作っていきたいですね。

【スポンサードリンク】