足の爪を切りすぎて、深爪になってしまう人、多いのではないでしょうか。

足の深爪は歩くのも痛く、とてもストレスになりますよね。

深爪はひどくなるとやがて巻き爪などになり、病院で治療しなければならなくなります。

しかし、そうなる前に自力で治すことができます。

深爪を自力で治す治し方さえ知っていれば、いずれ完治させることも可能です。

足の深爪を自力で治す治し方を調べてみました。

【スポンサードリンク】

そもそもどうして足の深爪ができるの?

爪の切り方は人それぞれ好みがあると思いますが、足の深爪の原因は爪を切りすぎることです。

短いのが好きな人はついつい切りすぎてしまいますが、指先の皮膚が見えるほど短いのは深爪です。

また、女性に多いのですが、つま先の細い靴を履くのに爪が長いと痛いので短くする人もいます。

これも続けていると深爪になり、ひどくなると陥入爪と言って爪が食い込んだりします。

症状が進むと、歩くことも困難になりますので、爪は切りすぎないようにしてください。

まれに、爪を噛む癖のある人が、足の爪も噛んでしまうという話も聞きます。

爪を噛むのも深爪の原因になりますので、癖になっている人はやめるようにしてください。

【スポンサードリンク】

自力で何とかなる!深爪の治し方

爪を指で押してみて、痛みがあったらそれは深爪です。

短く切っている自覚がなくても、菌が入り痛くなるので、深爪は早く爪を伸ばすことから始めます。

自力で深爪を治したい、という人は、まずは爪を伸ばし、それから切り方を見直しましょう。

つま先の白くなった部分すべてを切りたくなってしまいますが、足の爪は白いところが少しあるくらいがベストです。

足のつま先の皮膚が見えないくらいに残して切りましょう。

また、爪の端っこを切ると深爪になるので、角は残すようにしてください。

なかなか切る長さを調整できない人は、爪専用のやすりがありますので、爪切りで切るのではなく削るようにするといいでしょう。

やすりなら、皮膚に当たるとそれ以上削れなくなるので、深爪になることもなくなります。

足の深爪が進行すると陥入爪や巻き爪に!!

爪を切りすぎて、そこからバイ菌が入り炎症を起こすなど、深爪は痛いことだらけです。

しかし、炎症を起こすだけでなく、深爪を続けていると、やがて爪が皮膚に食い込んだり、爪が巻いてしまいます。

食い込んだ状態を陥入爪、巻いた状態を巻き爪と言います。

これらも歩くのが難しい痛みを伴います。

しかし、陥入爪になってしまった時も、自力で治せます。

綿棒の先やコットンなどの綿を、爪に挟んで治す方法です。

綿を小さく丸めて、爪と皮膚の間に差し込んでください。

続けていると、陥入爪も次第に良くなってきます。

また、歯のケアをする糸ようじを使って治す方法もあります。

糸ようじのピックの部分で、食い込んだ爪のところをはじくようにして皮膚から爪を離します。

そしてクエン酸で消毒をしましょう。

どちらの方法も、菌などが入らないように清潔に保つようにしてください。

時間は少しかかりますが、いずれよくなりますよ。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

足の深爪を自力で治す方法を紹介しました。

紹介した治し方は2通りですが、自分に合った方法でやってみてください。

そして日頃から、爪を切りすぎないように気を付けることも大切です。

足の深爪は、伸ばしながら自力で治せますので、試してみてくださいね。

参考になれば幸いです。

【スポンサードリンク】