枝豆は栄養価が高く、その効果や効能が体に良いとされ、ビールのおつまみとしても定番な食べ物です。

でも、

「冷凍枝豆には栄養がないんじゃないか?」

という噂を聞いたことがありませんか?

確かに、冷凍すると保存は聞くけど、栄養や美味しさは落ちるイメージがありますが…

でも、実際のところどうなんでしょうか?

栄養満点のヘルシー食品である、枝豆の効果や効能は、冷凍するとどうなってしまうのでしょうか?

今回は、冷凍枝豆にも栄養はあるのか?その効果や効能はどうなってしまうのか調べてみました。

読んでいただけると幸いです。

【スポンサードリンク】

枝豆の栄養とその効果効能

枝豆は栄養満点のヘルシー食材です。

では、その効果や効能と合わせてみていきましょう。

・豊富な栄養

枝豆には、ビタミンB1を筆頭に、ビタミンA,C、カリウム、鉄分などが豊富に含まれています。

枝豆は、日本人の食生活を長年支えてきた大豆が、大豆になる前の若いお豆です。

栄養が豊富にふくまれていることは間違いありません。

・その効果効能
枝豆にふくまれている栄養は、それぞれ異なる効果効能を持っています。

ビタミンB1は疲労回復、カリウムには利尿作用によるむくみ解消。

また、枝豆にはほうれん草よりも鉄分が多く含まれており、貧血を予防する効果があります。

枝豆の最大の特徴は、アルコールの分解を促進するビタミンB1とメオチミンという成分が含まれていること。

だから昔からビールには枝豆、なんですね。

【スポンサードリンク】

枝豆を冷凍するとどうなるの?

では、枝豆を長期間保存したい場合はどうすればよいでしょうか?

その答えはやはり冷凍です。

枝豆は収穫された後も成長を続ける野菜であり、収穫後放っておくと自分の養分を使い続けてしまうのです。

枝豆が日持ちしないのはそのせいで、収穫後は刻一刻と栄養が落ちていきます。

つまり、冷凍するから栄養が落ちるのではなく、収穫後に栄養が落ちていくのは止められないことなのですね。

それをできる限り食い止めるために、なるべく早く茹でて、冷水にはさらさずにうちわなどであおぎ、冷めたら密封して冷凍するのがオススメです。

そうすれば、冷凍によって長期間保存ができ、栄養価は落ちず、美味しい枝豆が長く食べられるというわけです。

最高ですね!

まとめ

冷凍枝豆の栄養と、その効果効能について見てきましたが、いかがでしたか?

枝豆には栄養がたくさん含まれており、その効果効能は大きいということがわかりましたね。

疲労回復、むくみ解消、貧血に効果があります。

さらに、アルコールの分解を促進してくれるので、ビールのお供には最適なんですね。

枝豆を保存するために冷凍するとき栄養が心配でしたが、やり方さえ間違えなければ大丈夫です。

栄養と効果効能を保ち、美味しい枝豆を長期間にわたって食べるためには、冷凍するという方法が最適、ということでした。

それでは正しく枝豆を冷凍し、栄養と効果効能を保って、ヘルシー食材に感謝しながら。

これからも長く美味しく枝豆をいただきましょう!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

【スポンサードリンク】