耳鳴りは、かすかな音でも気になりますが、耳鳴りとともに頭痛もするようになったらさらに不快です。

耳鳴りと頭痛が一緒に起きたら何かの病気のサインなのかもしれません。

今日は耳鳴りや頭痛の中でも、ストレスが原因で耳鳴りや頭痛がする場合を検証してみました。

日頃のストレスが原因だと思われる耳鳴りや頭痛がする人は是非参考にしてみてください。

【スポンサードリンク】

耳鳴りとは

耳鳴りとは耳の筋肉が痙攣した時に聞こえる音で、「キーン」「ピー」「ジー」という感じの音が聴こえてくるのが特徴です。

外耳が音を収集し、内示を通って「蝸牛(かぎゅう)」という器官で、空気の信号が電気信号に変えられ脳に伝えられます。

耳鳴りはこの時に内部に異常が発生して起こると考えられています。

このため実際には聞こえないはずの音が聴こえるという現象が起こるのです。

【スポンサードリンク】

耳鳴りと同時に頭痛も

頭痛と耳鳴りが一緒に起こる病気というのは稀ですが、一つにはメニエール病などが考えられます。

ただメニエール病のときはめまいなどが一緒に起こる可能性もあるので、頭痛と一緒に注意深く見ておく必要があります。

また中耳炎、外耳炎などの耳の症状によっても頭痛と耳鳴りが一緒に起こる可能性があります。

内耳炎などは頭痛とともに熱も出るので、症状を注意深く見る必要があります。

ほかに耳鳴りの薬を飲んでいて副作用で頭痛に悩まされることもあります。

ストレスが原因

頭痛と耳鳴りが一緒に起こるのは多くの場合、やはりストレスが原因になっているようです。

ストレスのためすぎが原因で自律神経失調症、更年期障害、うつ病などを悪化させた場合、頭痛と耳鳴りが一緒にするという症状が起きるようです。

ストレスをためると交感神経と副交感神経系のバランスが崩れ自律神経失調症になってしまい、頭痛に耳鳴りが重なるという現象が起こります。

また加齢によっても頭痛や耳鳴りが一緒にする症状は起こります。

更年期障害などではのぼせやイライラ感などの症状がおこり頭痛や耳鳴りがするといった症状が起きます。

うつ病になってしまった場合にも頭痛と耳鳴りがすることが多いですが、うつ病の場合は耳鳴りよりも頭痛が主な症状です。

ストレス性の頭痛と耳鳴り

ストレスが原因と思える耳鳴りや頭痛はストレスが緩和されると気にならなくなることから、ストレスをためない生活をするのが一番です。

また医者にはどこにも異常がないと言われているにも関わらず、耳鳴りや頭痛がするのには、やはりストレスが原因となっていることが考えられるた
め、早めに心療内科や精神科にかかることをお薦めします。

またほかの薬の影響から耳鳴りや頭痛などの症状も起こるため、気になったら一度病院で診てもらうことをお薦めします。

最後に

いかがでしたか。

頭痛 や耳鳴りはストレスが原因になっていることも十分に考えられるようです。

頭痛や耳鳴りがしたら、忙しくても休みを取り、うまくストレスを発散させるようにしましょう。

【スポンサードリンク】