ダウンジャケットを洗濯機で洗濯して失敗した!

乾燥機に入れる時間がわからず大変なことになった!

なんて経験ありませんか?

そもそもダウンジャケットはお家の洗濯機で洗濯してもいいものなのでしょうか?

モノにもよりますが、基本的には洗濯機での洗濯が可能です。

でもその方法次第では失敗することもあるんです。

特にすぐ乾かしたいから乾燥機を使いたい!という方はその時間について注意が必要。

ダウンジャケットを洗濯したいという方のために調べてみました。

読んでいただけると幸いです。

【スポンサードリンク】

失敗しないダウンジャケットの洗濯方法

それではダウンジャケットの洗濯を失敗せずにやるための3つのポイントをご紹介します。

1.タグを確認する
まずはじめにやることは、ダウンジャケットの「タグ」を確認することです。

洗濯機を使っていいか?手洗いしかできないか?などの情報があります。

洗濯したダウンジャケットのタグに「洗濯機×」となっていたら、当然ですが洗濯機を使ったら失敗しますよ。

2.中性洗剤とぬるま湯を使ってネットに入れて洗濯する
ダウンジャケットを失敗しないで洗濯するコツは「優しく洗ってあげる」ことです。

市販の洗濯洗剤はダウンジャケットには優しくなく、傷んでしまう可能性があります。

また、冷水よりもぬるま湯の方がダウンジャケットには優しい。

ネットは他の洗濯物との摩擦から守ってくれるので優しさで溢れています。

3.洗濯機のコースを「手洗い」か「ドライ」に設定する
ダウンジャケットは羽毛が入っているので、通常のもみ洗いやたたき洗いだと羽毛がバラバラになってしまいます。

必ず手洗いに近い「手洗いコース」か「ドライコース」を選択しましょう。

とにかく優しく洗ってあげることが、失敗しないダウンジャケット洗濯の基本です。

【スポンサードリンク】

失敗しないコツは乾燥機を使う時間だった

そして、失敗しないダウンジャケット洗濯のコツは、乾燥機と乾燥機にかける時間にありました。

まず、脱水直後にすぐダウンジャケットを取り出します。

これは型崩れや羽毛のかたよりを極力減らすため。

すぐに取り出して軽く叩きながら形を整えます。

そして、乾燥機。

干しても問題はないのですが、乾燥機を使うと羽毛がフワッとふっくらと仕上げることができます。

乾燥機にかける時間は、30分にします。

完全に乾かすことはせず、8割程度乾いたらあとは細いのではなく、厚手のハンガーにかけて陰干ししましょう。

するとどうでしょうか!失敗どころか、綺麗になりふっくらと仕上がるではありませんか!

できればコインランドリーのドラム式乾燥機で、時間は30分を目安に乾燥させるのが、失敗しないダウンジャケット洗濯のコツです。

まとめ

洗濯機を使って失敗しないでダウンジャケットを洗い、さらにふっくら仕上げるための乾燥機の時間について見てきました。

ダウンジャケットは洗濯機使っちゃいけないのでは…失敗したらどうしよう…と悩んでいた方も、ここに書いた洗濯機を使うときの注意事項と、乾燥機の時間さえ頭に入れておけばバッチリ洗濯できます!

次の冬に備えて、お気に入りのダウンジャケットを失敗しないで洗濯するために最も重要なのは乾燥機と乾燥機にかける時間です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

【スポンサードリンク】