断食を成功させるためには回復食が重要であり、その回復食には豆腐が適しているということを聞いたことがありませんか。

断食後に正しく回復食を摂らないと、リバウンドしたり胃腸の調子を悪くしたり、かえって体調不良の原因となってしまいます。

一方で豆腐は糖質が低く、栄養価も高く、消化吸収が良いので回復食に最適だと考えられています。

豆腐がなぜ回復食に向くのでしょうか。

【スポンサードリンク】

断食後の回復食とは何か

断食後の回復食とは、断食中にお休みしていた胃の機能を、消化の良い食べ物を少しずつ食べることにより慣らし、普通の食事が食べられるように胃の機能を回復させる食事のことをいいます。

断食後にいきなり普通の食事、ましてやステーキや揚げ物といった消化吸収の悪い食べ物を摂ってしまうことは胃への負担が大きく、胃もたれするなどして逆に体調を崩してしまう原因となります。

では、どのような食べ物を選ぶとよいのでしょうか。

【スポンサードリンク】

回復食の選び方

回復食には糖質が低く、栄養価が高く、消化吸収の良い食べ物を選ぶのが良いとされています。

また、断食により減少してしまった筋肉を補うためにも、良質のタンパク質を摂る必要性があります。

そこで、低カロリーで良質のタンパク質を多く含む豆腐をお勧めいたします。

でも、日本では昔から、回復食には消化吸収の良い重湯が良いとされてきましたね。

なぜ重湯では、ダメなのでしょうか。

それはご飯やパンといった糖質は、断食中に不足していた糖をできる限り吸収しようと胃腸が頑張りすぎてしまい、リバウンドの原因となってしまうからです。

糖質のものですと、今まで吸収率60ぐらいだったものが、80とか90とか、できるだけたくさん吸収しようと頑張ってしまうのです。

そして体に必要なタンパク質含有量はけっして高くありません。

ゆえに糖質含有量が低く、タンパク質の豊富な豆腐が、回復食として注目されるようになりました。

豆腐の優れた点

なんといっても手ごろな価格で手に入り、消化吸収の良い食べ物であることが豆腐の魅力でしょう。

栄養価は高いけれども消化吸収の悪い大豆が、栄養価はほぼそのままに消化吸収が良く食べやすい姿を変えたのが豆腐です。

豆腐一丁で成人男性が一日に必要とされるタンパク質が摂取できてしまう上に、日本人には不足しがちなカルシウムまで摂れてしまいます。

さらにはコレステロール値を下げるといった効果もあり、機能性食品としても注目されているのが豆腐です。

手ごろな価格で、低カロリーで高栄養価の消化吸収の良い食べ物が豆腐です。

だからといって、油分の多い揚げ出し豆腐にしてしまってはいけませんよ。

湯豆腐やスープといったあっさりした料理にするのが、胃に優しくておすすめです。

最後に

内臓の調子を整えたり、減量したりすることを目的とした断食健康法を行う一方で、正しい回復食を摂らなかったばかりにせっかくの断食効果を無にしてしまう人がいますね。

低カロリーで高栄養価の豆腐をふんだんに使った料理を断食からの回復食として用い、手に入れた断食効果を維持し、健康ライフを送りましょうね。

【スポンサードリンク】