唾液がくさくて何か臭いがすると悩んだことはありませんか?

その原因として何があるのでしょうか。

もしかしたら、周囲の人にもそう思われていないでしょうか?

原因がわかって対策がたてられるのなら早めに対応したいところですね。

そして、そのように悩みはあなただけではありません。

多くの人々は唾液が臭いことで悩んでいます。

自分の唾液を嗅いだときに臭いとショックを受けて落ち込みます。

そんな問題を解決するため、唾液が臭くなる原因と対策についてお伝えします。

ぜひご参考にしてくださいね。

【スポンサードリンク】

唾液が臭いがする原因とは

主に唾液が臭くなるのはずばり不純物が原因です。

分泌されたばかりの唾液にはそれほど臭いはありませんが、汚れが唾液と混じり合うことで唾自体を臭くしています。

唾液量が減ってくると、口呼吸や病気、薬の副作用などが原因となり、口の中が乾く症状が現れてきます。

口の中の唾液量が減ってくると、唾液本来がもつ抗菌作用や自浄作用などの菌の増殖を抑えたり汚れを洗い流したりする機能が働かなくなります。

臭いの元となる原因をお口から排除しにくくなり、唾液に濃縮された嫌な臭いが結果として溜まりやすくなります。

食べた食べ物が臭いがする場合ですが、唾液にはアミラーゼなどの消化酵素が含まれています。

この酵素がお口に残った食べ物を発酵させることでアンモニアなどのニオイ物質を発生させて、唾液と混ざることでいな臭いを発するようになってきます。

【スポンサードリンク】

唾液の臭いを抑える対策とは

唾液の嫌な臭いを消すための対策としては、主にお口の環境を正常に整えることが大事になってきます。

唾液量を増やすことで、お口の中の汚れを取り除いてキレイにしてくれる唾液本来の効果を活かすことができて嫌な臭いを消すことができます。

日ごろからしっかりした食事やガムを噛み続けると、口周囲の筋力が増えて唾液が分泌されやすくなります。

その他にも、舌の運動や唾液腺のマッサージ、ストレスの改善なども唾液の分泌量を増やすのに効果的な方法ですね。

唾液の臭い対策には歯磨きが効果的

丁寧に歯磨きを行なうことは唾液の臭い対策に対して最も有効な方法であるといえます。

唾液の臭いを抑制する原因ですが、細菌を除去することです。

そのためには、歯磨きをていねいにして口腔内を清潔に保つことは大切です。

歯磨きをするときに、しぶしぶ行ってはいけません。

それは、歯磨きを楽しんで行うと体が開放されてリラックス状態になり唾液が多量に分泌されるようになります。

楽しいことをイメージしながら歯磨きを楽しんではいかがでしょう。

歯磨きをきちんと行っていても普通に歯磨きを行なっただけでは、完璧には口臭を予防できません。

歯磨きで歯はきれいにできますが、口の中の舌や頬や歯肉に着いている細菌までは除去ですることは難しいからです。

そもそも細菌は口の奥の喉にもいるので、うがいを行うことも必要です。

細菌が増えるのは、口の中が酸性のときです。反対にアルカリ性の所では細菌は生きられません。

とくに酸性食品を多く食べた後は、細菌が増えないように中和することが大事なのです。

本来、中和する役割は唾液が行なっています。

唾液の臭い対策になったでしょうか?

みなさんの生活が少しでもストレスフリーになれば幸いです。

【スポンサードリンク】