コラーゲンは細胞外基質を構成するタンパク質の一種であり、タンパク質とはアミノ酸が多数つながった巨大分子のことをいいます。

ちなみに、食品でよく使用されるゼラチンはコラーゲンを変性したものであり、成分は同じと考えて問題ありません。

ゼラチン製品はコラーゲン配合と表示されていることも多く見受けられます。

コラーゲンに美肌効果があるとよく謳われていますが、実際のところ本当に効果があるのでしょうか。

科学的な観点から検証してみました。

【スポンサードリンク】

コラーゲンを構成するアミノ酸

コラーゲンを構成するアミノ酸はグリシン残基が1/3を占めており、プロリンヒドロキシプロリンアラニンといった非必須アミノ酸から構成されています。

必須アミノ酸は全く含まれておらず、よってタンパク価は0です。

コラーゲンを構成するのが非必須アミノ酸ということは、体内で合成できるアミノ酸であり、特別に摂取が必要なアミノ酸ではありません。

コラーゲンタンパク質がそのままの形で腸から吸収されることはなく、アミノ酸にまで分解されて吸収されます。

コラーゲンを構成していたアミノ酸が再びコラーゲンの合成に使われることもあるかもしれませんが、それは肉や魚由来のアミノ酸が使用される割合と大差ありません。

コラーゲンを摂取することにより肌の調子が良くなるというのは、もともと肉や魚などのタンパク質摂取が少ない人がコラーゲンを摂取することによって調子が良くなっているだけのようです。

つまり、菜食主義であったりダイエットのために肉類を控えていたり、肉類が嫌いで食べていなかったりと、もともとタンパク質不足になっている人が、コラーゲンでタンパク質を補うことにより現れる効果のようです。

普通に肉や魚を摂取している人がコラーゲンサプリメントを摂取したところで、効果はないようです。

【スポンサードリンク】

コラーゲンの美肌効果

コラーゲンにはグリシン以外のアミノ酸残基が水分を保持する能力があり、それによる保湿効果というものがあります。

コラーゲンのような高分子を肌に塗り、塗ったコラーゲンが角質層に浸透し、ハリと潤いを与えるということはありません。

つまり、コラーゲンの美肌効果というものは肌に浸透するのではなく、肌表面をコラーゲンでコーティングすることにより乾燥を防ぎ、保湿効果を与えているというものです。

コラーゲン鍋の美容効果

コラーゲン鍋に美容効果があると謳われ、若い女性から人気を集めているようです。

しかしそれはコラーゲンそのものの効果ではありません。

コラーゲンを生成するにはビタミンCが重要であり、おそらく鍋の具材(野菜など)に含まれるビタミンCやミネラルの効果で、コラーゲン単体の効果ではありません。

コラーゲン鍋は栄養バランスが良いから美容効果があるのであって、決してコラーゲン摂取によるものではありません。

最後に

コラーゲンの美容効果を謳った商品が数多くあります。

日ごろからタンパク質不足の人でない限り、コラーゲンを経口摂取したところで効果はありません。

肌をコラーゲンでコーティングすることによる保湿効果は実際にあり、外用での使用は有益であることが分かっています。

【スポンサードリンク】