コーヒーや紅茶を飲むと頭痛が治るという話を聞いたことがありませんか?

コーヒーや紅茶に含まれるカフェインが作用して頭痛が治るのは事実です。

カフェインは頭をすっきりさせる効果もあります。

しかし、どのタイプの頭痛もカフェインで治るかというとそうではありません。

コーヒーや紅茶のカフェインで本当に頭痛が治るのか、またカフェインをとらないほうがいい頭痛とはどんな頭痛でしょうか。

【スポンサードリンク】

コーヒーや紅茶のカフェインで頭痛が治る?

頭痛がしているときは気分も憂鬱ですし、早く治したいと思うのが普通です。

ひどい頭痛には頭痛薬などの薬に頼る人もいるでしょう。

しかし、薬は飲みたくないというときもありますよね。

そんな時に、コーヒーや紅茶を飲めば頭痛が治ると聞いたことはありませんか?

コーヒーや紅茶にはカフェインが含まれていて、頭痛にはこのカフェインが効くとされています。

カフェインには血管を収縮させる効果があり、血管が膨張して起こる片頭痛に効果があります。

頭痛がしているときに簡単にカフェインを摂取するために、コーヒーや紅茶を飲むのがいいというわけです。

カフェインは市販の頭痛薬などの鎮痛剤にも含まれていて、れっきとした鎮痛効果があるのです。

ですが、カフェインで治る頭痛は、先ほども書いたように血管が膨張して起こる片頭痛の場合のみです。

筋肉が緊張して肩がこることなどから起こる緊張型頭痛には、カフェインは逆効果になってしまいます。

カフェインの血管を収縮させる効果が、緊張型頭痛の場合は血流を悪くすることになり、痛みが増すのです。

目の疲れや肩こりとともに起こる頭痛は緊張型頭痛ですので、この場合はカフェインはとらないでください。

コーヒーや紅茶では頭痛は治りませんので、体を休めることで頭痛を治すようにしましょう。

自分の頭痛は片頭痛なのか緊張型頭痛なのか見極めて、コーヒーや紅茶を飲むようにしてください。

【スポンサードリンク】

カフェイン中毒で起こる頭痛もある

もう一つ、カフェインが関係する頭痛があるのでご紹介します。

カフェインの取りすぎで起こる、カフェイン離脱頭痛というものです。

毎日大量にコーヒーや紅茶を摂取している人は、カフェイン中毒の可能性があります。

カフェイン中毒の人は、常に体がカフェインを欲している状態になっています。

そして体からカフェインが切れた時、激しい頭痛が起こります。

このカフェイン離脱頭痛は、コーヒーや紅茶を飲んでカフェインを摂取するとおさまります。

しかしこれは一時的なものにすぎず、またカフェインが切れると頭痛が起こるというループです。

完全にカフェイン離脱型頭痛を治すには、カフェインの接種をやめるしかありません。

自分がカフェイン中毒で頻繁に頭痛が起こる人は、コーヒーや紅茶の接種をやめてみてください。

しばらくはカフェイン抜きがつらいと思いますが、頭痛からも解放されるでしょう。

ちなみに、一日に飲んでも問題ないとされるコーヒーの量はカップ3杯、紅茶は4杯程度とされています。

一日のカフェインの摂取量に問題がない程度に飲むようにしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

片頭痛にはカフェインをとることで頭痛が治ることがわかりました。

薬は飲みたくないという人は、ぜひコーヒーや紅茶を飲んでみてください。

緊張型頭痛にはカフェインは逆効果ですので、その場合はコーヒーや紅茶は控えてください。

カフェイン中毒からくるカフェイン離脱頭痛もカフェインをやめることで治るので試してみてください。

参考になれば幸いです。

【スポンサードリンク】