治癒能力を高める食べ方をすると怪我が早く回復するという話を聞いたことはありますか?

治癒能力は、食べ物によって高めることができるんです。

怪我をしてしまったときには皮膚を再生する必要があります。

そのために何を食べるべきなのか。

今回は、「治癒力を高める食べ物伝授!怪我が早く回復!」をご紹介します。

【スポンサードリンク】

治癒能力を高めて怪我の回復力を高めるのは、亜鉛を含む食べ物

怪我の治癒能力を高めてくれる食べ物と言えば、亜鉛を含むものです。

新陳代謝に欠かせない亜鉛は、細胞分裂を促して皮膚を再生する働きがあります。

ですから、早く傷を治してくれるんですね。

亜鉛をたくさん含んでいる食べ物と言えば、玄米・牡蠣・ソラマメ・豚レバー・卵・チーズ・トウモロコシなど。

さらに亜鉛はクエン酸やビタミンCをたくさん含んでいるものと一緒に食べると吸収力が格段に上がりますよ。

クエン酸は、柑橘類・梅干し・キウイフルーツや桃などの果物に多く含まれています。

牡蠣にレモンをかけて食べるのには、治癒力を高めて怪我から早く回復させる効果もあったんですね。

【スポンサードリンク】

治癒能力を高めて怪我の回復力を高めるビタミンを含む食べ物

治癒力を高めるためにビタミンも大切な成分です。

ビタミンB群・ビタミンA・ビタミンE・ビタミンCそれぞれに傷の再生を助ける働きをします。

皮膚や粘膜が腫れてしまったときなどに、皮膚や粘膜を元気にする働きがあるのはビタミンB群です。

ビタミンB群である、B2、B6、B12、ナイアシンの全てを含んでいるのはレバー。

ビタミンB2は、納豆やチーズ・B6は、バナナやさけ、B12は牡蠣やのり、ナイアシンは、たらこや落花生などに含まれています。

不足してしまうと皮膚や粘膜がダメージを受けやすくなるのが、ビタミンAです。

不足しないように、レバー・牛乳・のり・ホウレンソウなどで摂取するようにしましょう。

細胞が壊れやすくなってしまうので、ビタミンEも不足しないようにしましょう。

アーモンド・落花生・ホウレンソウ・たらこ・キウイフルーツなどで取り入れることができます。

グレープフルーツやキウイフルーツ、イチゴなどに多く含まれるビタミンCは、摂取することで傷の治りを抑制してくれますよ。

治癒能力を高めて怪我の回復力を高めるアミノ酸を含む食べ物

皮膚の大部分を作っているアミノ酸です。

体の中でタンパク質が分解されるとアミノ酸になります。

タンパク質の代表は、肉・魚・大豆・乳製品。

レバーのように亜鉛やビタミン類を多く含むタンパク質を選べば一石二鳥ですね。

治癒能力を高めて怪我の回復を高めてくれる食べ物を取り入れよう

いかがでしたか?

私たちの身近にはたくさん、治癒能力を高めて怪我の回復を高めてくれる食べ物があるんです。

また、食べ物で取り切れないと思ったらサプリメントを上手く利用しましょう。

ただ、過剰摂取しすぎると害を及ぼしてしまうこともあるので、ほどほどに。

怪我をしてしまったら、食べ物にも気を付けて、少しでも早い回復を目指せたらいいですね。

【スポンサードリンク】