こどもの中耳炎はよくありがちですが、中耳炎のときにプールに入ってよいのかと心配される親御さん多いと思われます。

今日はこどもが中耳炎の時にはプールにはいって良いべきかどうかを検証してみました。

学校行事などでどうしてもという場合、是非参考にしてみてください。

【スポンサードリンク】

こどもの中耳炎とは

こどもは成人に比べ中耳炎になりがちです。

こどもが中耳炎になりやすいのは、こどもはまだ成人と違ってまだ成長過程で、耳管が短く、菌が中耳に入りやすい形になっているからです。

こどもに熱が出たり耳の痛みを訴えるようなことがあれば中耳炎である可能性が高く、親御さんは中耳炎の処置をしてあげる必要があります。

そして学校でどうしてもこどもがプールに入らなければならない、水泳教室にいっているなどの場合は親御さんが考えてあげるべきことなのです。

【スポンサードリンク】

プールと中耳炎

プールと中耳炎についての関係ですが、プールに入ったからといって中耳炎になるということはないようです。

よくプールやお風呂で感染するということが考えられがちですが、風邪にかかってのどや鼻から菌が入ることが中耳炎の原因とされています。

外からの水は中耳炎とは関係がないので中耳炎をだからと言ってプールに入れてはいけないということはないのです。

お医者さんの意見

ただ一度こどもが中耳炎にかかってしまったら、まずお医者さんでみてもらってください。

そこで専門医の意見を聞くほうが親御さんは賢明な選択をすることができます。

プールに入ったからと言って中耳炎になるということはないのですが、専門医はすべてのときに同じ意見であるということはありません。

医療が発展し、いい抗生物質のおかげでこどもの中耳炎はそれほど激視されなくなってきましたので、専門医の中にはプールに入れてよいと考える方もいるようですが、まだまだ中耳炎のときにこどもをプールに入らせるのはよくないと考える医師もいます。

医者は子供の状態を見てどのような状態かを確認をするので、直接プールに入っていいかどうかを聞いたほうがいいと思われます。

どうしてもこどもがプールに入っていけないとき

どうしてもこどもがプールに入っていけないときがあります。

こどもが鼻をすすっていたり、喉の痛みを訴えるといった風邪に似た症状があるときなどは菌に感染しやすく、中耳炎にある可能性があるのでプールに入れないほうがいいとされています。

またこどもがアレルギー性の鼻炎にかかっているときは細菌に感染しやすくなっていて中耳炎にもなりやすいので、こどもをプールに入れることは考えたほうがいいと言われています。

また急性中耳炎の過渡期はプールに入るのは厳禁です。

最後に

いかがでしたか。

こどもが中耳炎のときはそのケースをよく考えてからプールに入っていいべきかを決めなければいけません。

こどもが中耳炎になったらまず専門家に見てもらって、そこで専門家の意見を聞くのが一番いいのかもしれません。

【スポンサードリンク】