チアシードは今、美容に健康に大人気の食品で、特に女性には便秘に効果的だと言われています。

芸能人やタレント、モデルにも注目されているおしゃれな健康食品チアシードの便秘への効能と、チアシードを摂取するにあたって気をつけることなどを今回はご紹介したいと思います。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

【スポンサードリンク】

チアシードの効果で便秘は解消されるのか?

チアシードは便秘に効果があるというので有名です。

芸能人や海外セレブ、モデルも注目の美容と健康に良い食品と言われています。

なぜならチアシードには食物繊維が豊富に含まれているからです。

チアシード約10グラムほどで食物繊維は3.4グラムほど。

1日の必要とされている食物繊維が18gと言われていますので、積極的にチアシードを取っていきたいですね!

では、便秘に効果的なチアシードの秘密についてご紹介していきましょう。

【スポンサードリンク】

チアシードの食物繊維の秘密

食物繊維には水溶性食物繊維と不溶性食物繊維がありますが、チアシードはふたつの食物繊維を持っています。

この2種類の食物繊維が便秘に効果を発揮してくれるのです。

さらにチアシードには「グルコマンナン」という成分を沢山含んでいます。

チアシードはチアという植物からとれる種のことです。この種は水に浸すと膨らむという特徴を持っています。

「グルコマンナン」は、こんにゃくなどにも含まれている栄養素です。

チアシードは水に浸すと10倍以上膨れ上がり、満腹感を与えてくれます。

また、膨らんだチアシードはジェル状になっているため腸内に溜まっている便をまとめてからめとり便秘を解消できます。

チアシードの効果が逆に便秘にしてしまうことも?

チアシードが便秘に効果的なのはよくわかりましたが、誤った摂り方をすると逆に便秘になってしまいます。

先ほども説明しましたように、チアシードは水に浸すと10倍以上に膨れます。

これは周りの水分を吸収してなるため、チアシードをそのまま食べると胃や腸の中の水分を吸ってしまい、便が硬くなってしまい、便秘になる可能性があります。

チアシードを摂取するときは水分で膨らませたものを摂取するか、沢山水分を摂るようにしてください。

出来れば2リットル以上飲むことをお勧めします。

チアシードのおすすめの食べ方

チアシードをどのように摂取すれば便秘に効果を発揮するのでしょうか?

お勧めはチアシードをヨーグルトに混ぜることです。

ヨーグルトは乳酸菌も豊富に含まれている腸内環境をよくする食べ物です。

これにチアシードを大さじ一杯入れてよくかき混ぜます。

理想はかき混ぜてからしばらく置いて、チアシードがジェル状になってから食べるのが良いでしょう。

お腹いっぱいにもなりますし、ダイエットにも良いですね!

腸内環境をよくするのには良質の油も欠かせません。

チアシードにも含まれるオメガ3と6がたっぷり含まれているアマニ油を一緒に摂るのも良いですね!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今話題のチアシードですが豊富な食物繊維とグルコマンナンで便秘に効果を発揮してくれる食品だということをご紹介しました。

食べ方次第で色々取り入れることができそうですね!

ぜひあなたもチアシードで腸内美人をめぜして便秘とさよならしませんか?

【スポンサードリンク】