カフェインの摂取で、下痢や吐き気などの副作用に悩んだことはありませんか?

コーヒーを飲みすぎたりすると、コーヒーに含まれるカフェインを多く摂りすぎてしまうため、体に下痢や吐き気などの副作用が起きてしまうのです。

では、コーヒーに含まれるカフェインにはどんな働きがあるのでしょうか?

【スポンサードリンク】

“下痢”や“吐き気”の副作用を引き起こすコーヒーのカフェイン量は?

カフェインを摂取すると副作用としてよく起きてしまうのが、下痢や吐き気の症状です。

そもそもカフェインは、眠気を覚ます“覚醒作用”があるので集中力を高める働きがあります。

また、老廃物を流してむくみを解消する“利尿作用”がありますし、あの深みのある香りに癒される方も多いと思います。

ただし、たくさん摂取してしまうと副作用が多いのもカフェインの特徴です。

中には、コーヒーを飲みすぎてカフェイン中毒になる方もいるので、注意が必要です。

そんなコーヒーですが、他の飲み物に比べても、非常に多くのカフェインが含まれています。

100ml中のカフェイン量を見てみると…

コーヒー(エスプレッソ):280 mg
    (ドリップ):90 mg
    (インスタント):45 mg
ココア:30 mg
紅茶:30 mg
緑茶:20 mg

一般的な他の飲み物に比べると、コーヒーに含まれるカフェインの量はかなり多いことがわかりますよね。

なので、一日にコーヒーを何杯も飲んでしまう人は、かなりのカフェインを摂っていることになり、下痢や吐き気を起こすリスクも高まってしまします。

【スポンサードリンク】

カフェインの摂取による副作用で“下痢”や“吐き気”が起きる理由とは?

では、なぜカフェインが多いと、下痢や吐き気といった副作用が起こってしまうのでしょうか?

カフェインは胃酸を分泌させる働きがあります。

外食をするとよく食後にコーヒーが出てくることがありますよね?

あれは、コーヒーを飲むことで胃酸を分泌させて消化を促す作用があるからなのです。

しかし、それも食後であったり少量であれば良いのですが、空腹時に飲んだり何杯も飲んでしまうと胃酸の分泌によって胃が荒れてしまい、下痢や吐き気につながってしまうのです。

また、人によってはカフェインが体質的にまったく合わない人もいるようなので、少量であってもコーヒーを飲むとムカムカしたり、胃が痛くなったりする人がいるので注意が必要です。

カフェイン摂取による下痢や吐き気といった副作用を減らす工夫は?

カフェイン摂取による下痢や吐き気といった副作用を減らすためには、どうしたらいいのでしょうか?

ついつい飲んでしまうコーヒーですが、カフェインをできるだけ取らないように心がけることが大切です。

まず、空腹時には飲まないように心がけましょう。

早朝や休憩中などのリラックスタイムについコーヒーを飲みたくなってしまいますよね。

そんなときは、先に食事やお菓子を食べてからコーヒーを飲むことで胃の負担をやわらげましょう。

また、1日にコーヒーカップ3杯までを目安として、大量に飲まないように注意しましょう。

そのほか、コーヒーは時間が経ってしまったものではなく、いれたての“新鮮”なものを飲むようにしましょう。

コーヒーは時間が経ってしまうと、酸化して味もすっぱく感じるようになりますが、そのような酸化した状態のコーヒーは胃を荒らす原因になるので避けましょう。

しかし、長年コーヒーを飲んできた人にとっては「そんなこと言われても、もっとコーヒーを飲みたい!」という人は多いと思います。

そんな人におすすめなのが、ノンカフェインのコーヒーやタンポポコーヒーです。

今まで濃~いコーヒーを飲んでいた方には少し物足りないかもしれませんが、カフェインの心配をすることなく飲むことができます。

皆さんも、このような工夫をして、カフェインを摂りすぎないように意識すると、下痢や吐き気などの副作用も少なくなるかもしれません。

少ない量であればカフェインも体に良い働きがありますので、健康に注意しながら毎日のコーヒータイムを楽しんでくださいね。

【スポンサードリンク】