日本語のものの数え方って独特ですよね。

うさぎを一羽二羽…と鳥のように数えたり、ざるそばを一枚二枚…と数えたり…。

知らなかったら恥ずかしいですよね。

しかし、ものの数え方は意外と正しく伝わっていない場合もあります。

その典型が蝶の数え方。

蝶の数え方は一羽二羽…という印象があると思いますが、実は違う数え方をするんです。

今回は蝶の数え方に関する豆知識をご紹介します。

【スポンサードリンク】

蝶の数え方は一羽二羽…じゃない!

蝶の数え方は一羽二羽…ではありません。

羽根があり、空を飛ぶ生き物だから一羽二羽と数えるんじゃないの?!と思う人もいるでしょう。

蝶の数え方は正式には一匹、二匹…か一頭、二頭…と数えるのが正しいです。

一匹、二匹…は一般的な表現であり、一頭、二頭…は学術的な表現です。

実際に辞典で調べても一羽、二羽…よりも一匹、二匹…や一頭、二頭…で数えられていることが多いです。

研究者は基本的に一頭、二頭…と使うことが多いそうなので、一番正しい数え方は一頭、二頭…だと言えるでしょう。

【スポンサードリンク】

どうして蝶の数え方は一頭、二頭…なの?

蝶の数え方は牛や馬のように一頭、二頭…なのはちょっと変な気がしますよね。

確かに一般的な一羽、二羽…という数え方の方が蝶にあっている気がします。

蝶の数え方が一羽、二羽…ではなく一頭、二頭…なのには諸説ありますが、有力な説が一つあります。

蝶の数え方のきっかけは英語です。

英語では家畜の数を数える時に「head(頭)」という単語を使っていました。

この数え方は明治以降の日本の動物園でも使われるようになりました。

「頭数を数える」というように、日本人も頭を基準に動物の数を数える傾向がありますので、当然の流れといえるでしょう。

動物園で使われるようになってから動物の数え方に「head」を使うようになりました。

この「head」を直訳した結果、「一頭、二頭…」という数え方になったんです。

あれ?どうして昆虫の蝶まで一頭、二頭…の数え方になったの?ってなりますよね。

これは昆虫の標本と関係しています。

標本にする際、標本化する昆虫は完全な状態でなければなりません。

特に頭が欠けている標本は価値がなくなってしまうため、かなり気を使われていたそうです。

ここから、昆虫の研究家も昆虫を数える時に頭を基準に数えるようになります。

この時から蝶の数え方が「一頭、二頭…」になったのではないかと言われています。

最後に

蝶の数え方が一羽、二羽…ではなく、一頭、二頭…なのは意外ですよね。

蝶には羽があるので、私も蝶の数え方は一羽、二羽…だと思っていました。

ただ冷静に考えると、虫の「はね」は「羽」ではなく「翅」が正しいので、確かに一羽、二羽…という数え方は不自然かもしれません。

だとしても一頭、二頭…っていうのはビックリです。

ちなみにこの数え方の由来は他にも説があるそうです。

この機会に調べてみるのもいいかもしれませんね。

ちょっと物知りになって、自慢できるかも?!

【スポンサードリンク】