お父さんのワイシャツのポケット部分に、ボールペンの染みがついてしまったことありませんか?

また、小さなお子さんがいる家庭で、ソファにボールペンを書かれて困ったことなど…

意外に取りづらいボールペンのインクですよね、どうすれば簡単に染み抜きできるのでしょうか。

ボールペンのインクが付いた場合、多くは油性や水性のものだと思います。

そのようなときは、ベンジンをうまく使って、染み抜きをおこなうとよいですね。

ベンジンを使った染み抜きの方法について紹介いたします。

よかったら参考にしてみてくださいね。

今回は をご紹介いたします。

【スポンサードリンク】

ボールペンのインクについてき

ボールペンのインクには、油性インク、水性インク、ゲルインクの3種類のインクがあり、ボールペンのインクの種類により、処理方法が異なります。

油性ボールペンは、比較的簡単に取り除くことができますが、水性インクのボールペンは、家庭で取り除くにはむずかしい場合が多いです。

また、最近はゲルインクというボールペンが書き心地や発色の良さから人気ですが、
衣類に付くと取り除くのは非常に困難な場合がほとんどです。

ゲルインクのボールペンの家庭での処理方法は、固形石鹸などでもみ洗いをするのが効果的ですが完全に取り除くのはむずかしいです。

そういったときはプロのクリーニング屋さんにお願いするのも悪くはありません。

【スポンサードリンク】

どうやって染み抜きをするのか?

エタノール、除光液でも確かにボールペンの染みは薄くなります。

さらにクレンジングオイルも効果的です

時間が経過して、濃く付着したボールペン落としはプロでも根気がいる作業です。

焦らず丁寧に、じっくりと時間を惜しまず作業することが大切です。

エタノール、ベンジン、クレンジングオイル、オレンジオイルを洗剤などに混ぜて油性ボールペンで書いた白生地を数日間放置しても効果的です

ベンジンでつかった場合

染みが油性の場合に有効です。衣類を大きく濡らせないときに役立ちます。ただし、生地を傷める場合があるのでテストが必要です。

必要な道具とは、染みを移し取る清潔な白い生地、小皿と歯ブラシ、霧吹き、そしてある程度の時間が必要です。

方法についてですが、染みのついた生地の、染みがついたほうの面をきれいな白いタオルに当てます。

小皿にベンジンを取り、歯ブラシで生地の裏からベンジンをぽんぽんとやさしく叩き込みます。

絶対にこすってはいけません。あくまで染みの成分をベンジンが溶かして下のタオルに持っていくようにイメージします。

こすると染みの成分が生地の中で広がってしまいます。歯ブラシがないときはタオルでやりますが、あくまでこすらずに叩きます。

生地をはがしてみてタオルに汚れが移っていたら、タオルのきれいな面をあててこれを繰り返します。染みがなくなったら、またはもう変わらないと感じたら終了です。

最後に、ベンジンが滲みこんでできた濡れた部分の輪郭に、ベンジンを霧吹きで拭いてぼかします。霧吹きがなければタオルにベンジンを少し滲みこませて、輪郭の周りを軽く叩いてぼかします。
あとは自然に乾かします

この行程を行う前に、生地の見えない部分でこれと同じことをやってみて、生地が傷んだり色が落ちたりしないことを確認してください。傷む生地もありますので、ご自身の責任で行ってください

ただ上記の方法でも取れない場合は、クリーニングなどの専門店に依頼するとよいですね。

みなさんの生活が少しでもストレスフリーになれば幸いです。

【スポンサードリンク】