発泡酒とビール,第3のビールの違いをあなたは説明できますか?

「ビールは高くて晩酌は発泡酒にしています」とか「発泡酒より味は絶対ビールです!」とか「経済的に考えたら第3のビールでしょ!ビールとそんなに変わらないし」なんて、よく聞きますよね。

私はビールと発泡酒の違いがなんとなくわかる程度で第3のビールなどはチンプンカンプンです。

今日は発泡酒とビール、第3のビールの違いを調べてみました。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

【スポンサードリンク】

発泡酒とビールと第3のビールの違い

まず、発泡酒とビールと第3のビールの違いを簡単に説明すると

「ビール」大麦の麦芽を原料としたもの

「発泡酒」麦芽または麦を原料の一部に使用したもの

「第3のビール」麦以外の原料を使用したもの

という感じになります。これだけだとざっくりでよくわかりません。

どうしてビールと発泡酒と第3のビールができ、このようになったのか説明していきます。

【スポンサードリンク】

ビールと発泡酒の違い

ビールと発泡酒は麦芽の使用量が違います。

「ビール」と名乗るなら、麦芽を3分の2以上使っていないとビールとは言えません。

そして発泡酒は麦芽を3分の2以下で作られていますのでビールではなく、税金額も違います。

ビールより発泡酒の方が安いのは、そのためです。

お得にビールのような味わいのお酒を飲んでもらいたいというそんな理由でできたのでしょうか?

発泡酒の売り上げはとても良く、人気が出ました。

では第3のビールはどう違いがあるのか見ていきましょう。

第3のビールは発泡酒とどう違うのか?

発泡酒が市場に現れたのは1997年でした。

ビールに代わる飲料として定着し、人気が出た発泡酒ですが、2003年の税制改正で税率がアップしました。

発泡酒離れが起きたら困るなぁというメーカーが開発したのが第3のビールになります。

麦芽を使用せずに、豆類やトウモロコシなどの原料を使い、ビールのような味わいにした飲み物でした。

初めの頃に出た第3のビールと呼ばれるものはなかなかビール味とまではいかなかったようですね。

どうしても原料の違いが味の違いを作り出していたようです。

2006年に再び税制改革が行われ、第3のビールまでも税率が上がりました。

そこでさらに税率を下げるためと、「おいしい」を売りに、第3のビールは麦を使った発泡酒にスピリッツ(蒸留酒)をまぜ、ビールっぽくしつつ、酒税法では「リキュール(発泡性)」という扱いで売られるようになり、今までの「第3のビール」は「その他の醸造酒」と呼ばれるようになったのです。

ですので缶チューハイなどと同じ扱いになったことになります。

このような「第3のビール」は「新ジャンル」とも言われるようになりました。

今は新ジャンルのビールはビール業界の中で売り上げを伸ばし、ビールを上回っています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ビールと発泡酒、第3のビールの違いがわかりましたでしょうか?

税率や味わいの違いを出すためにこのような流れで色々なビールのような飲料が開発、発売されました。

今は、第3のビールのような今までと違った製法でアルコール10%未満の飲料はビールと同額の税率が課せられることが決まり、もう新ジャンルは生まれないと言われています。

ビールという本家本元の味わいも良いですが、美味しくリーズナブルにビールテイストを味わえる発泡酒や新ジャンルも注目ですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

【スポンサードリンク】