バレンタインの季節になると、会社でチョコをあげるかあげないか迷うものです。

義理チョコだし、お金もかかるし買いに行くのも面倒ですよね。

バレンタインに会社ではチョコをあげないという選択肢もアリではないでしょうか?

でも男性社員が期待してるかも、倍返ししてもらうのが狙いという女性もいるでしょう。

そこで、今回は会社でバレンタインチョコはあげないほうがいいか?について検証していくので参考にしてください。

【スポンサードリンク】

会社でバレンタインチョコをあげないとどうなる?

会社でバレンタインチョコをあげないと、その後の待遇などに何か影響があるのでは?と心配になる人もいるでしょう。

会社でバレンタインチョコをあげないとしても、単なる風習であり業務には全く関係のないので、仕事に何ら支障はありません。

むしろ男性社員が冷たくなったり、あげない女性を冷遇するような会社はブラック企業だと言えます。

また、男性側からの本音を言うとお返しの準備に手間もお金もかかるので、要らないと考えている人が結構多いものです。

それに甘いものが苦手な男性社員だと、会社でバレンタインチョコをもらっても他の人にあげるので意味がありません。

男性社員の中にはもらって嬉しいという人もいますが、女性が無理して配るなら要らないという気持ちになるものです。

そう考えると、会社でバレンタインチョコをあげないという選択肢は、むしろ男性女性お互いのためだと言えます。

【スポンサードリンク】

会社でバレンタインチョコをあげないと女性社員との関係が悪くなる?

会社でバレンタインにチョコをあげない選択をしてもいいですが、自分だけで決めるのは危険です。

同じ課の先輩や上司などが、女性みんなであげるというルールを作っている時です。

自分だけあげないと同じ課に女性社員の輪を乱すことになり、反感を買う可能性があります。

こういった場合男性社員一人ずつに渡すよりは、同じ課の女性みんなで割り勘してあげたほうが安く済みます。

更にもし後輩の女性社員が何人かいれば、自分が買いにいかなくても頼めるので手間もかかりません。

自分だけ頑なにあげないという気持ちを押し通すよりは、女性のルールを守ってあげるという選択をしたほうが、後々の人間関係を考えると良い選択といえるかもしれません。

ただし、どうしてもあげないという強い意思がある場合は、無理にあげなくてもよいでしょう。

会社でバレンタインにチョコを渡すのは決して義務ではなく、あくまでも自由な意思であるからです。

会社で一部の人にバレンタインチョコをあげるのはどうか?

では会社で一部の男性社員にのみバレンタインチョコをあげる、みんなにはあげないという選択はどうでしょう?

本当にお世話になっているという気持ちを伝えたくて、一部の人だけに渡したいという女性もいるでしょう。

感謝の気持ちを込めるという意味では、とても良いことのように思えます。

こっそりあげたつもりでも、いつの間にかみんなに知れ渡っていたら、もらえなかった男性社員はやはり面白くありません。

会社での人間関係にもヒビが入ることにもなりかねないので、一部の人だけにあげるのは控えてほうがよいと言えます。

感謝の気持ちを伝えたいなら、バレンタインではなく別の機会に言葉で伝えたり、プレゼントをするという方法が好ましいでしょう。

【スポンサードリンク】