会社で部下の女性社員が赤ちゃんを産むことになって、出産祝いの贈り物を考えなければならない場合はありませんか?

現金を渡すのにもいくらぐらいの金額が相場として適当かどうか悩まれた方は多いと思われます。

部下の女性社員を喜ばせるためにも間違いない金額を贈りたいものです。

今日は会社での出産祝いに何を送ればいいのか、また部下に出産祝いに現金を渡す場合、いくらぐらいの金額が相場として適当かどうかを検証してみました。

忙しくて考えている時間がない時には是非参考にしてみてください。

【スポンサードリンク】

会社で部下の出産祝いにどんなものを送ったら適当か

出産祝いには一般的に現金や商品券、赤ちゃん用品や母親がよく使うものを渡すのが適当です。

一般的に商品を送る場合は赤ちゃんのおもちゃセットやベビー服を送ったりするのが適切です。

しかしながら会社で働いていると部下である女性の好きなものを簡単に知るということはなかなか難しいものです。

会社で時間がない時、部下の女性社員がほしがっているものがわからないといった場合には、現金や商品券を贈るのが無難です。

では会社の部下であることから出産祝いにはいくらぐらいを相場として現金を渡したらいいでしょうか?

【スポンサードリンク】

会社の部下にはいくらぐらいの金額が相場として適当か

会社の部下に出産祝いを送るときは、個人で渡す場合は3000円から5000円が適当な相場です。

出産祝いは社内ではよくあることですのでこのマジックナンバーは絶対に押さえておきたいものです。

もちろんこれ以上多くても構いませんが、これ以下の金額だったら部下の女性もがっくりしてしまいます。

会社によっては出産祝いに送る金額が規定されていますので、確認して送るようにしましょう。

ある会社では第一子誕生の場合は2万円、第二子が生まれる場合は1万円という風に規定がされているようなので会社内での取り決めがある場合はそちらに合わせるのが適当です。

それ以外の場合、部署内でまとめて出産祝いを出す場合などは上司として相場よりも少し多めに渡すことが好感的です。

いくら渡すかほかの社員にあらかじめ聞いてからお金を渡します。

会社の先輩や友達に出産祝いを渡す場合と比べると

会社の先輩や友達に出産祝いを渡す場合と比べると

会社で先輩に出産祝いを出す場合は20代の場合は3000円、30代以上には5000円を包むと適当だそうです。

また親しい友人に出産祝いを出す場合は5000円位が相場になります。

これらの相場から大体5000円位の金額が送る金額として適当ということがわかります。

最後に

いかがでしたか。

女性社員が赤ちゃんを産むときには大体目安として5000円ぐらいのものをまず考えて置いたら失礼になることはありません。

立場を考えればほかの社員よりも金額的に大きなものを送るのが上司として恥をかかないとも言えます。

会社全体のことになるので、ほかの社員がいくらぐらいだすかを参考にするといいと思います。

是非部下にいい出産祝いを渡したいものですね。

【スポンサードリンク】