何だか、いつもあざを作っている人っていませんか。

どうしたの?

と聞いても、理由は本人もよくわからないことがあります。

ぶつけた覚えはないのに、あざ、もしかして病気のサイン?

どうしてあざができやすいのか。

気付くとカラダにあざが出来ている。

誰もが一度は経験したことがあると思います。

一体いつ、どこでなったんだろうと考えることが多い、あざの出来やすい人には特徴があります。

あざができやすい理由や病気との関係についてご紹介していきます。

よかったら参考にしてみてくださいね。

今回は をご紹介いたします。

【スポンサードリンク】

あざができやすい原因について

あざは手足や腰あたりは日常でけっこうぶつけることが多い部位です。

壁にぶつかったりドアにぶつかったりするだけであざは簡単に出来ていたりします。
転んだ時、何かに強くぶつけた時などであれば痣が出来る自覚はありますが、知らない間に原因がわからず気づいたらあざが出来ていることも多いですよね。

触ると痛みがあったり見るだけでも痛々しくも見えるあざですが、あざが出来る仕組みとしては衝撃を受けることで患部周辺の組織が壊れることで内出血が起き皮膚の下で色素や血管が増えたものになります。

あざが出来る主な原因には、主にビタミン不足が考えられます。

ビタミン不足に関しては、現代では少なくなりつつありますがそれでも偏った食事をしていると年齢問わずどの年代にも起きることがあります。

【スポンサードリンク】

あざができやすい病気について

血液検査などで検査項目に必ずといっていいほどある血小板の項目。

血小板があるおかげで、キズをおって出血してもしっかりと止血をしてくれます。

血液中の血小板が異常に少なくなってしまうとどのようなことが起こるのでしょうか。

血小板減少性紫斑病とは、血液内の血小板の数が異常に少なくなり、出血しやすくなる病気をいいます。

外傷がなくとも、どこかにカラダを強くぶつけたりしたり、急に筋肉に力を入れたりすることで、体内で血管が傷つき、内出血を起こし、見た目では紫斑となって現れるのです。

この病気は自己免疫疾患の一つとされており、原因の一つとしてヘリコバクター・ピロリ菌が血小板の表面にあるタンパク質を標的にする抗体を作り、この抗体に結びついた血小板が脾臓で破壊されてしまうため、どんどん血小板が減少していきます。

あざができやすい理由と血小板について

あざができやすい理由もあり、病気もあります

血小板は血液凝固作用があるため、不足すると、出血したり、出血が止まらなくなったりします。

初期症状として認められるのが、皮下出血と言われる内出血です。

赤い点状のあざが集まってできます。ひざ下からくるぶしあたりまで、あざになることもあります。

血小板の低下がさらに続くとその奥に、大きな病気が隠れていることがあるかもしれません。

おかしなあざがあった時は、病院で検査を受けましょう。

あざには様々な種類があり、理由も原因も様々です。 

限局的で自然に治るものであれば問題はありませんが、原因が不明なもの、身体の広範囲にできるもの、悪化するもの、繰り返すものに関しては、一度皮膚科または内科医への相談が必要と思われます。

みなさんの生活が少しでもストレスフリーになれば幸いです。

【スポンサードリンク】