寝起きなどに手や足、体が急にピーンとつる経験をしたことがある人もいるでしょう。

急に手足、体がつると動かしにくかったり、痛みが出て辛いですよね。

特に足のふくらはぎがつる「こむらがえり」は結構起こりやすいものです。

でも手や足、体がつる原因ってそもそもなんでしょう?

原因を知っている人は、実は少ないのではないでしょうか?

そこで今回は、手や足、体がつる原因を説明し、予防法も紹介していくので参考にしてみましょう。

【スポンサードリンク】

手や足、体がつる原因とは?

それでは早速、手や足、体がつる原因を見ていきましょう。

まず一つ目に体内のミネラルバランスの乱れが挙げられます。

血液中には、カルシウムやマグネシウムなどのミネラル分が含まれています。

体内の水分不足すると、血液の流れが悪くなります。

元々ミネラルには、筋肉の働きをサポートする作用があります。

血行不良となるとミネラルが十分に筋肉に行き届かなくなり、筋肉がうまく動かずに痙攣をおこして手足がつることがあります。

また、ミネラルは汗や尿などにも混じるので、運動して汗をいっぱいかいたり、トイレが近い人などは手や足、体がつりやすいと言えます。

更に筋肉疲労も、手や足、体がつる原因と一つとされています。

筋肉にかなりに負担がかかると、ミネラルも消費されて不足しますが、筋肉内の老廃物が溜まってしまいます。

この老廃物がどんどん増えると、筋肉が硬くなり痙攣をおこしてつってしまうのです。

運動時はもちろん、急な激しい動きや立ちっぱなしの状態でも痙攣が起こることがあります。

また、睡眠中は体を動かさないので、筋肉内に老廃物がたまりやすく、寝返りなどで急に体を動かすと突如、手や足、体がつることがあります。

そして、冬や夏でもエアコンをつけて寝ると、体や冷えて血行が悪くなるので体がつりやすい状態になります。

他にも栄養不足になりがちで、大きなお腹が下半身を圧迫し血流が滞りやすい妊娠中も、足などがよくつるという人が多いと言えます。

【スポンサードリンク】

手や足、体がつるのを予防するには?

手や足、体がつる原因がわかったら、できるだけつらないように予防法を実践してみましょう。

まず、運動や立ち仕事、睡眠前にふくらはぎや足の裏などをストレッチしてしっかり伸ばし、筋肉を柔らかくすると、血行も良くなります。

更に、運動前などはミネラル分を含んだ飲み物をとるなど水分とミネラル分を補給しておきましょう。

また、寝るときは夏はエアコンをタイマーにして冷えやすい足先や手先などをタオルケットで覆い、冬はしっかり布団に入るようにして冷やさないように気を付けま
しょう。

そして、1日を通じて必要なミネラル分をしっかりとることも大事です。

1日1リットル以上のミネラルウォーター、そしてミネラルの多い大豆食品や乳製品、イモ類などをバランスよく食事に取り入れることも大事です。

更に日頃から手や足などがつりやすいという人なら、芍薬甘草湯という漢方薬も血行を促し、筋肉の動きをスムーズにする作用があるのでおすすめです。

【スポンサードリンク】