アロマオイルには様々な効果効能があります。

そのアロマオイルの植物の香りと成分を使った、心や身体を癒すアロマテラピーが女性の間で特に人気ですよね。

少し前に海外で流行し始め、現在では日本でも日常の生活に取り入れる方が増えました。

そんなアロマオイル、実は作り方は簡単なのです。

あなたが求めている効果によって、オイル(精油)の種類を変えれば、オリジナルなアロマオイルを作ることができます。

それでは、美容に効くアロマオイルの簡単な作り方について見ていきましょう!

作り方がわかってしまえば、あなたはアロマオイルの虜になってしまいますよ。

最後までお付き合いいただけると嬉しいです!

【スポンサードリンク】

簡単!アロマオイルの作り方

アロマオイルの作り方はとても単純で簡単です。

言ってしまえば、二種類のオイルを混ぜ合わせるだけ。

ただ、作り方が簡単といっても、その内容についてよく知っていないと危険な場合があります。

アロマオイルの作り方を説明した後に、注意事項について説明しますのでしっかり読んでくださいね。

・用意するもの
使いたいエッセンシャルオイルとキャリアオイル、そしてビーカー・ガラス棒・保存用遮光ボトルを用意します。(ちゃんとしたビーカーやガラス棒がなくても、プラスチック製以外の容器や、ガラス製のマドラーでも代用可です。)

・分量と作り方
「キャリアオイル10ml」に「エッセンシャルオイル2滴」の割合で入れ、混ぜ合わせます。(エッセンシャルオイルとキャリアオイルの詳しい説明は後ほどします!)

!!注意事項!!
アロマオイルを作る際は、エッセンシャルオイルを絶対に素手で触らないようにしましょう!

また、もし目に入った場合は大量の水ですぐに洗い流してください。

誤飲してしまった場合は、大量の水を飲み、尿と一緒に排泄するようにしてください。

上記の応急処置をした上で、医師の診断を受けましょう。

それだけエッセンシャルオイルは刺激が強いものです。

【スポンサードリンク】

アロマオイルを作るエッセンシャルオイルとキャリアオイルとは?

アロマオイルを作るために必要な「エッセンシャルオイル」と「キャリアオイル」について説明します。

「エッセンシャルオイル」は、植物の有効成分をギュギュッと凝縮して抽出したもの。

だから、原液のまま肌につけると相当な刺激物になります。

「キャリアオイル」とは「100%天然由来の植物油」のことです。(一般の食用の植物油などは使えませんのでご注意ください。)

アロマオイルを作る時は、エッセンシャルオイルだけでは刺激が強すぎるので、キャリアオイルをベースにして、そこにエッセンシャルオイルを混ぜて作るのです。

アロマオイルを作る際に使うこの二種類のオイルには、使用する際に注意が必要になるものもあります。

購入したオイルに書かれている使用上の注意事項をよく読んでからおきましょう。

美容に効くアロマオイルの元となるキャリアオイルとは?

美容に効果のあるアロマオイルを作るためには、キャリアオイルを選ぶ必要があります。

もし、あなたがアンチエイジング、美白、日焼け対策用のアロマオイルを作りたいのなら「アルガンオイル」がオススメです。

オイルの選び方で、アロマオイルの効果は変わります。

自分の肌質や症状や、エッセンシャルオイルとの相性を合うものを確かめて選んでみましょう。

まとめ

意外と簡単なアロマオイルの作り方について書いてきました。

アロマオイルは作り方は単純で簡単ですが、幾つか注意すべき点がありますので気をつけて下さい。

特にエッセンシャルオイルは刺激が強いので、精製する際には十分に注意しましょう。

注意事項さえ守れば、アロマオイルの作り方はとても簡単!

美容に効くアロマオイルで、きれいになっちゃってください!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

【スポンサードリンク】